So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

文房具を買いに(2):片岡義男 [Book]

時々、片岡義男の小説やエッセイを読む。
今読んでいるのは、「文房具を買いに」というエッセイで、そこには文房具のこと、その文房具の写真、その写真を撮影した時のことを書いている。
今は150ページまで読んだところなので、全185ページのこの本はもうすぐ読み終える事になる。
残りはあと少しなのに、早々とほんのことを書きはじめたのには理由がある。
片岡義男の小説やエッセイは大好きで、バイクに乗りはじめた頃から彼の小説は読んでいた。
今でも、この季節になるとバイクにまたがって南に向かって走りたくなるのはきっとその時のことを体が覚えているからだと思う。
もう少し書くと、今のこの梅雨という季節が好きになったのも、片岡義男のおかげだ。
とにかく、あの頃のバイク乗りはみんな片岡義男の世界でバイクに乗っていたんだと思う。
1980年代。
まだ、湾岸戦争は始まってなかったし、ドイツが東と西に分かれていた頃のことだ。
彼の小説には独特の文体があって、くどいほど「彼が」とか「彼女の」という主語が入ってくる。
その、ちょっと日本語では書かないような文体が気に入っていたのだが、実は彼のその文体には理由があることを、その後発売されたエッセイを読んで知った。

そして、今回の「文房具を買いに」を読んで、彼が相変わらず同じ理由に基づいて書いていたことを発見した。
少し長いけど、引用する。(角川文庫 文房具を買いに 149〜150ページ)
- 近代の終わりから現代にかけて、そして現代の全域で、アメリカに民主主義を確立させていくにあたって、市民の側でのもっとも強力な武器となったのは、タイプライターだった。憲法が保障する市民の自由は、市民みずからがそれを守る営みをとおしてのみ、自由として機能する。守る営みに対しては、自由を何らかの形で浸食することを図る敵が、常に想定される。国家を運営していくひとたちだ。その人たちを監視し、牽制し、制御しようとする市民にとって、武器は言葉しかない。自分たちの自由を浸食するかもしれない敵に向けて、監視や制御の言葉を放つにあたって、タイプタイラーはその言葉を相手側に届けるための武器となった。-
ちょっと前にメディアで耳にした「法の支配」のことを思い出した。

ネットでこの本のレビューを見ると、写真のことやテキストのことを書かれているばかりで、上記のもう一つの片岡義男について書かれたレビューは見かけなかったのが残念。


nice!(0)  コメント(0) 

蒼墨を買った。カートリッジでね [文房具]

セーラーの新しい色、蒼墨を買った。
蒼墨は濃淡が綺麗に出るので、ペンポイントがMのProGear Σで使うことにして、使っていた青墨はEFのProFitで使うことにした。
一晩かけて万年筆をきれいにして、早速Σに蒼墨のカートリッジを挿した。
そう、今回からカートリッジが使えるときはカートリッジを使うことにしたのだ。
理由は、前回の記事を参照してください。

さっそく野帳に書いてみる。
SouBoku.jpg
気がつくと、セーラーの青系のインクばかりを使っていて、久々にみるJentleInkのBlueBlackもなかなか良い色だと思う。
仕事先では、フォーマットが印刷されたコピー用紙に書き込むことが多いので、にじみにくい顔料系のインクばかりを使っていてJentleInkはあまり出番がないのが残念。
インクの違いを較べるつもりで書いたんだけど、書き味と線の太さを考えると、Fは日常的に使うと良さそうで、Mはごくプライベート、EFは仕事で使うと良さそう。
そう考えると、蒼墨はEFに入れるべきだったかもと思うけど、まぁいーや、しばらくはこのままにしておこう。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

カートリッジ / ボトル:万年筆 [文房具]

万年筆にコンバーターをセットすれば、好きな色が使えるから、インクを買うならボトルだよね。
お得だし。
そう思って、昨日のブログの記事にした蒼墨をボトルで買うつもりだったんだけど、ボトルに半分くらい残っている青墨を見ると、果たしてボトルでインクを買うのはお得なのか考えてみたくなった。
そもそも、日頃万年筆を使う(というか、手で筆記する)ことがそれほど多くないし、万年筆を二本持ち歩いているので、インクがあんまり減らない。
一般的にインクは製造から一年くらいの間が使用期限らしく、今の調子だと青墨を使い切るのはあと一年くらいはかかりそうで、結局ボトルを空っぽにするまでに2年くらいかかっちゃうんじゃないかと思う。
それだったら、古いインクを使うよりもカートリッジを使った方がインクもフレッシュなら気分もフレッシュ。
ちなみにカートリッジの容量は0.84ccに対し、コンバーターは0.61cc。
カートリッジは一箱に12本入っているので、毎月カートリッジを交換しても1年は使える。
インクの使用量は、人それぞれなのでカートリッジじゃひと月は持たないなぁと思う人もいるだろうから、参考までに。
ちなみにカートリッジの総容量は10.08cc(0.84cc×12本)で、ボトルは50cc。
自分の場合だと、1年でボトルの半分くらいを使ったから、カートリッジだと半年持たないくらいかな。
コストパフォーマンスを較べてみると、カートリッジは1ccあたり¥64.3で、ボトルだと¥43.2。
インクをお手軽に交換して使うか、コンバーターを使ってインクの補充の楽しさを取るかで比較してもいいかもです。
自分は、使ってる万年筆がセーラーなので、この次はカートリッジを買おうかなと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨