So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

文房具を買いに(2):片岡義男 [Book]

時々、片岡義男の小説やエッセイを読む。
今読んでいるのは、「文房具を買いに」というエッセイで、そこには文房具のこと、その文房具の写真、その写真を撮影した時のことを書いている。
今は150ページまで読んだところなので、全185ページのこの本はもうすぐ読み終える事になる。
残りはあと少しなのに、早々とほんのことを書きはじめたのには理由がある。
片岡義男の小説やエッセイは大好きで、バイクに乗りはじめた頃から彼の小説は読んでいた。
今でも、この季節になるとバイクにまたがって南に向かって走りたくなるのはきっとその時のことを体が覚えているからだと思う。
もう少し書くと、今のこの梅雨という季節が好きになったのも、片岡義男のおかげだ。
とにかく、あの頃のバイク乗りはみんな片岡義男の世界でバイクに乗っていたんだと思う。
1980年代。
まだ、湾岸戦争は始まってなかったし、ドイツが東と西に分かれていた頃のことだ。
彼の小説には独特の文体があって、くどいほど「彼が」とか「彼女の」という主語が入ってくる。
その、ちょっと日本語では書かないような文体が気に入っていたのだが、実は彼のその文体には理由があることを、その後発売されたエッセイを読んで知った。

そして、今回の「文房具を買いに」を読んで、彼が相変わらず同じ理由に基づいて書いていたことを発見した。
少し長いけど、引用する。(角川文庫 文房具を買いに 149〜150ページ)
- 近代の終わりから現代にかけて、そして現代の全域で、アメリカに民主主義を確立させていくにあたって、市民の側でのもっとも強力な武器となったのは、タイプライターだった。憲法が保障する市民の自由は、市民みずからがそれを守る営みをとおしてのみ、自由として機能する。守る営みに対しては、自由を何らかの形で浸食することを図る敵が、常に想定される。国家を運営していくひとたちだ。その人たちを監視し、牽制し、制御しようとする市民にとって、武器は言葉しかない。自分たちの自由を浸食するかもしれない敵に向けて、監視や制御の言葉を放つにあたって、タイプタイラーはその言葉を相手側に届けるための武器となった。-
ちょっと前にメディアで耳にした「法の支配」のことを思い出した。

ネットでこの本のレビューを見ると、写真のことやテキストのことを書かれているばかりで、上記のもう一つの片岡義男について書かれたレビューは見かけなかったのが残念。


nice!(0)  コメント(0) 

本屋さんに行った [Book]

図書館や古本屋ばかりに行っていて、街の本屋さん(というか書店かなぁ、でかいから)にはとんとご無沙汰していたので、今日は隣の市まで出かけたついでに寄って見た。
以前来たときに較べると、商品点数が増えていて静かだった。
どうして静かなのかを考えると、店舗なら当然のBGMが流れてなくて、(図書館はさておき)よく行く古本屋だと音楽がガンガン流れていて騒がしい。
そうだよねぇ、本は静かなところにあるべきだよねぇと思いながら本を(買うつもりもなく)眺めていた。
不思議なんだけど、書店には古本屋や図書館で見る以上に興味を引くタイトルなんかがあって、例えばそれは「AI vs 教科書が読めない子どもたち」なんてタイトルで、サブタイトルは「人工知能はすでにMARCH合格レベル」とあって、まぁなんとも刺激的なタイトルだとは思うけど、冷静に考えると、やはりいつかはAIは人間の知能を超えるだろうなと思う。
サブタイトルにしても、(日本の)大学入試ってやぱ記憶力だもんなぁと思っているので、合格はたやすいかもしれない(だからあんまり驚かない)。
ここで問われているのは、知能という分野においてで、これまでに人間が持っていた知能以外の能力をすでに機械は上回っていて、それはおそらく産業革命の頃から始まったんじゃないだろうかと思う。
それで、開き直っているわけではないけれど、AIが人間の知能を上回ると何かまずいことでもあるのだろうかと考えて見ると、あんまり思いつかない。
もしかすると、本当に公平な社会が生まれるんじゃないだろうかとか、効率的な社会になって空いた時間を思いっきり非効率なことに当てられるようになるんじゃないだろうかとか考えている。
今人間がしている仕事なんて、結構パターンがあって、それに当てはめるだけで仕事ってだいたいのことはかたづくんじゃないかと思ってる。
なんてのかな、人間らしい判断というか、温かみのある判断てのも結局はトータル的に見ると効率的なので、そうしてるだけなのかもしれない(あるいはいい人を演じたいだけか?)。
てなことを、タイトル読みしただけで帰りの道中、AIのことを考えていた。
そんな読みたい本をたくさん見つけて、早速メモした。
最近、本を買うばっかりで全然読めてないんだよね。
溜めてる本を読んだら、本を買いに来よう。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

文房具を買いに:片岡義男 [Book]

カラフルな表紙に惹かれて、この本を買った。
最初に見つけた時はハードカバーだったけれど、今、手元にあるのは文庫本。
写真が多く含まれているのでハードカバーで楽しむのが正しいのだろうけど、タイトルにふさわしいのは文庫本のような気がする。
片岡さんは海外の小物や文房具の雰囲気をそのままに日本語で紹介をしてくれて、そのたびに僕はそのどれかを欲しくなる。
そうやって初めて手にしたのは、ブラウンの四角の小さな黒いトラベルウォッチだったと思う。
手のひらに収まりそうなサイズで、アラームがセットできる。
セットした時間になると、ジジジッと半分壊れたような音で時間がきたことを知らせてくれる。


さっそく買って来た本のページをめくる。
おもしろそうな文房具を見つけた。
それはリーガルパッドで、この黄色いメモ帳は記録を正式なものとして残す一段階前の状態のメモを残すためのもので、そのために「ここに書かれているものはまだ不完全なものですよ」という状態がわかるように黄色の紙が使われている。
この黄色の用紙に書かれたメモはやがて整理されて、白い用紙に移されていくことになる。
合理的な使い方だと思います。
そういえば、海外では筆記具のインクの色は青が多いけれど、これも筆記したものがあらかじめ印刷されている他のテキストの黒い色と区別ができるようにとするためだと聞いたことがある(ほんとかな?)。
色によって、そのものの立場をはっきりさせておくというのは良いアイディアだと思う。

リーガルパッドの使い方はネットで調べて知ったんだけど、意外なことに万年筆で使った感じを書いているページが多かった。
黄色の用紙にはブルーブラックのインクがはっきりしてわかりやすいとか、どこそこのリーガルパッドはペン先の滑りが良いとか、にじみやすいとか裏移りしやすいと書かれていて、もしかしたら自分がリーガルパッドに興味を持つのは一昨年に万年筆に興味を持った時から仕組まれていたのかもしれない。
人の行動って、多少はパターンが似てくるものなのかもしれないね。



片岡さんが紹介していたリーガルパッドはこれ


その他のリーガルパッドはこちら
見てるだけでけっこう楽しい
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

オールド・テロリスト:村上 龍 [Book]

またやられちゃったなぁ。


表紙に騙されてしまった。


いや、騙される前も、騙されてからもおもしろいからいいんだけどさ。


ハードカーバーの表紙から感じたのは、飄々としたお年寄りが抜け目なくテロルを完遂させるお話かと思ってたら、もう全然。


なにしろ20ページが来る前にそれは突然始まって、その時には表紙と随分違うことに気がついて、「なるほどなぁ、こうして突然始まるのがテロルだよな」とミョーに納得してしまう。


主な登場人物はよろよろで初老と呼ばれる年齢に差し掛かった睡眠導入剤や安定剤を頬張るジャーナリストと、ちょと変わった女の子、それから、お年寄りばかり。


おそらく現代社会の中では、ちょとメインストリートから外れてる人たちばかりが、このお話を作っていく。


そう、IT業界のマツノ君が早々と退場するのは、そんなわけ。


ま、とにかく面白いのはラスト30ページくらいで、どんでん返しみたいなおもしろさではなくて、精神が高揚しちゃうおもしろさ。


それにしても、マツノ君はわざわざ退場するために登場するのがこの小説のよさで、年寄りを除くと男はダメダメなのに、女は切り開いて生きてくねぇ。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

火星の人、オールド・テロリスト [Book]

最近はMacでもiPadでもiPhoneでもゲームをまったくしなかった僕がApple Watchを買ってすぐにしたゲームは、Lifeline....というゲームだった。


(記憶まちがいでなければ)このゲームは映画にもなった「火星の人」にインスパイアされて作られたとかで、だったらSF好きな自分がしないわけにもいかずやってみた。


なにしろ、Apple Watchの小さなモニタで進めるゲームなんだから、テキストアドベンチャーにまちがいなくて、懐かしのインフォコムのテキストアドベンチャーを勝手に想像した僕がいけないに決まっているけれど、それにしても、もうぜんぜんつまらない。


なんてのかな、わき道にそれることも許されないような舗装された道を進む感じで、そんなのはぜんぜんアドベンチャーじゃない。


というわけで、この「火星の人」のことは半年ほど忘れていた。


で、ある日突然この小説のことを思い出して、突然思い出した事ってどうしてもそれをしたくなるわけで、気がつくとamazonで「火星の人」上下巻をオーダーしていた。


で、早速届いた「火星の人」なんだけど、最初は面白く読んでいたけれど、....途中で飽きてしまった。


そんなわけで、ワトニーは未だに火星にいる。


ひとりぼっちで。


早くワトニーを地球に連れて帰りたいのだが(って、実はこの小説のラストを知らないんだけど、彼は地球に帰られるんでしょ?)、困ったことに今度はテロリストに遭遇してしまった。


まだテロリストの正体ははっきりしないが、どうもお年を召した方たちのようで、これから、第二のテロルが始まりそうな感じ。


ワトニー、待っててね。


必ずこのテロリストを片付けるから、そして君を地球に連れ戻すから。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

首折り男のための協奏曲:伊坂幸太郎 [Book]

最後に彼の作品を読んだのは1年以上くらい前かな?
その時に読んだ本のタイトルは忘れた。
久しぶりの彼の作品は、なんだか肩の力が抜けていて楽しい。
上手くなったなぁと思う。
なんてのかな、言葉がスムーズに流れてる。
お話の組み立て方がトリッキーなのはあいかわらずで、最後のページでやられたと思うのは楽しい瞬間だ。
この作品集の中には、(いつものように)映画の話が出ていて、5作目の「月曜日から逃げろ」の中に逆回転の映画として、「ペパーミント・キャンディー」があったりしてすごくうれしかったな(他には「アレックス」「メメント」もあって、「二人の5つの分かれ路」のみ未見)。
まだ途中までしか読んでないんだけど、この人は西嶋君(砂漠)に似てるところというか、同じ側を見てるよなと思う。
他には、思わずメモしそうになったのが、「人間らしく:P149」でウクライナの諺をローレンツが引用した「軍旗が翻ると、理性がラッパを吹き鳴らす」の一節がおもしろかった。
「熱狂こそが、攻撃性を生み出す。そして一番、熱狂を生み出すために簡単なのは」黒澤は表情を崩さず、言う。「敵を作ることだ。俺たちはこのままではやばいぜ、このままだとやられてしまうぞ、と恐怖を煽る。怒りは一過性だが、恐怖は持続する。恐怖に立ち向かうために、熱狂が生まれる。さらに言えば、敵自体はいなくてもいいんだ。ローレンツも言っている。架空の敵を用意して、旗を振れば、理性がラッパを鳴らす。そう言う仕組みだ」

で、他にも読んでない本があるかもしれないと調べてみると、「ジャイロスコープ」を読んでなかった。
今度図書館で借りよっと。
さっき読み終えた「首折り男の.....」も実は図書館で借りてきた本で、最近は図書館で本を借りることが多くなりました。
で、読んで手元に置いておきたいなと思った時は、本屋さんで買っちゃうんだけど、今はほとんど借りることが多いです。

<おまけ>
映画、「ペパーミント・キャンディ」のことだけど、これは韓国の映画で、僕の好きな韓国映画のうちのひとつ。
この映画と「オアシス」(ともにムウ・ソリが主演女優)、それからキム・ギドクの映画は大好きですね。

nice!(0)  コメント(0) 

アフターダーク:村上春樹 [Book]

こないだ読んだのが「色彩を持たない.....」だったので、読む順番としてはちょと過去に戻ってしまったことになる。
ついでに書くと実はいまだに「1Q84」を読んでいなくて、本棚には「1Q84」のハードカバーが書店の紙袋に入ったまま並んでいる。
そうこうしているうちに「1Q84」の文庫版も出てしまったので、読むときには文庫の方が扱いやすいやとそちらも買ってしまった。
結局、読んでない「1Q84」のハードカバーと文庫がそれぞれ本棚に揃った。

それで、今回読んだ「アフターダーク」だけど、以前に出版された「アンダーグラウンド」と一緒くたに記憶してしまい、「アフターダーク」(実は「アンダーグラウンド」)はもう読んでしまったと思い込んでしまい、最近になって違う本だということに気がつき慌てて読んだ。
「アフターダーク」は村上春樹の11作目の長編だということだが、中編、あるいは長すぎる短編という感じがする。
読み終えた感触(?)が短編小説を読んだ後の感触に似ている。
物語は深夜の23:56から翌朝の6:52までの7時間、場所は渋谷(かな?)。
ネットで「アフターダーク」の感想を読むと、なんだかむずかしい内容だみたいなことを書いていて、あーでもないこーでもないと謎解きをしている。
考えればいろんな謎はあるのだが、自分は謎は謎としてそのまま理解しているので、むずかしいという感じはしない。
そのあたりの感じ方も長すぎる短編という印象につながっているのかもしれない。
小説の背景も渋谷(だかの都会)、しかも深夜ときている。
九州の片田舎ですることがなければさっさと寝てしまう今の自分の位置からは、日本の中で最も遠い背景じゃないだろうか?
そんな遠いところのことはよくわかんない、そんな諦めからか、謎は謎としてわかんないことはわかんない、考えないというスタンスで読むんだので、きわめて長すぎる短編と感じたのかもしれない。
あぁ、そんなこともあるんだろうなと(いささか非現実的だけど)思ったのかもしれない。
で、そんな読み方をしておもしろいのかと言われると、そんな読み方をしてもおもしろいのだ。
ほんとに。
僕がこの小説を読んだ時間帯は、午後1時くらいから午後5時くらいの間で、多少のズレはあるけれど、小説の中の時間帯と12時間ほどずれている。
時たま時計を見ながら、読み進めていたのだが、現実の時間が夜中のような気もした。
不思議なことに読み終えた時の疲労感が、徹夜明けの感じに近かった。
体は疲れているのに、頭のどこかが奇妙に興奮していた。
本をパタンと閉じると、そのまま寝てしまうんじゃないかと思うくらい。
これは、きわめて村上春樹的読書体験だと思う。
彼の本を読むと、意識がどっかに行っちゃうのだ。
そこはコオロギさんのいうもうひとつの足元に広がる世界なのかもしれない。
あ、忘れないうちに書いとくけど、自分の知り合いに「コムギ」さんはいないけど「コオロギ」さんはいる。
ページをめくりながら思っていたのは、どこかデヴィッド・リンチの映画みたいだなぁということで、浅井エリが寝ているシーンなんて特にそう感じた。

アフターダーク (講談社文庫)アフターダーク (講談社文庫)
村上 春樹

講談社 2006-09-16
売り上げランキング : 16767

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

マクリーンの川:ノーマン・マクリーン [Book]

この本を読むのは2度目。
1度目は、途中まで読んでそれっきりになってしまった。
本の半ばまで読んだ1度目のことは忘れて、最初から読み直した。

原題はA River Runs Through Itといって、日本語に翻訳するのがむずかしかったらしく、タイトルは小説としては「マクリーンの川」、映画は「リバー・ランズ・スルー・イット」とされている。
この原題の意味が知りたくて、ネットの翻訳サイトで翻訳しようとするのだが、「リバー・ランズ・スルー・イット」と訳されてしまい、原題の意味はよくわからない。
なんとなく、川(フライ・フィッシング)と共にあった家族のお話みたいな感じかな?
ここは、変に訳すよりも、本を読んでイメージをつかんだほうがいいのかもしれない。

この小説は兄弟のいない人が読むと、兄か弟が欲しくなるだろうな。
自分にも年の離れた兄がいるが、兄というものはこんな風に弟を思っているのかもしれないなと思ったりした。
おそらく、それぞれの家族の立場で読み、ほかの家族のことを思ったりするのかもしれない。
父親と息子二人の関係が前面に出されていて、それを影から見ている母親ってのも、ちょっと前のホームドラマみたいな感じもするけど、自分はこんな感じって嫌いじゃないです。
ネットの感想ではあまり語られることもないし、その後の様子もほとんど描かれていない母親だけどチョークチェリー・ゼリーのエピソードなんて僕は大好きだ。
最近は、前面に出てくる強い女性をよく見かけるけど、兄弟の母親のような女性も良いですね。

小説を読んでいる間、僕は見たことのないブラックフット川やエルクホーン川、この家族のそれぞれの視線を考えていた。

これから季節も春になるし、なんだか季節にぴったりの小説だなと思った。

マクリーンの川 (集英社文庫)マクリーンの川 (集英社文庫)
ノーマン マクリーン Norman Maclean

集英社 1999-05
売り上げランキング : 356960

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


リバー・ランズ・スルー・イット [Blu-ray]リバー・ランズ・スルー・イット [Blu-ray]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2012-07-13
売り上げランキング : 6351

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

失踪入門(404/404):吾妻ひでお [Book]

読み終わったけど、あまり面白くなかったなぁ
中塚氏と編集者の声がでかくて、吾妻氏の声が聞こえない。
タイトルに失踪入門とあるけれど、失踪とは関係ないことが多すぎて、「失踪に至るまでのある人のケース」みたいな感じだけど、それでも誰も最後まで失踪しなくて(しないにこしたことはないんだけど)失踪するのはお話だったりする。
というわけで、 吾妻氏 + 失踪ではあるけれど、あまりオススメはしません。
読んでよかったなぁと思ったのは、この本の中で紹介されている中島らも氏の「今夜、すべてのバーで」を知ったことで、機会があれば読もうと思った。

失踪入門 人生はやりなおせる! (徳間文庫)失踪入門 人生はやりなおせる! (徳間文庫)
吾妻ひでお 中塚圭骸(インタビュー)

徳間書店 2011-12-02
売り上げランキング : 55988

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今夜、すベてのバーで (講談社文庫)今夜、すベてのバーで (講談社文庫)
中島 らも

講談社 1994-03-04
売り上げランキング : 11247

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

失踪入門(140/404):吾妻ひでお [Book]

誰も失踪しない。
この本は、とりあえず失踪経験者の吾妻氏と彼を師とする中塚氏の対談を経て、二人揃って失踪するものだとばかり(勝手に)思い込んでいたのだが、いつまでたっても失踪しない。
出てくる話も、失踪とは少し離れたところで中塚氏のことばかり。

.....とここまで、書いて気がついた。
そう、この本が失踪するきっかけになったのは、最初に読んだときに面白くなかったからだった。
読むのを中断して、しばらくしたら行方不明になっていて、失踪宣告されたんだった。
で、久しぶりに発見して.....現在に至る。
もし、今読むのをやめたら、ホントーにあずま氏のように2度目の失踪てことになりかねない。
てなわけで、のこり2/3を読破したいと思います。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ: