So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

メカニカルキーボードはどこですか? [Apple +]

Macでメカニカルキーボードを使いたいと思い始めて
そろそろ2年(くらい?)。
ひと月ほど前の記事にも、メカニカルキーボードが欲しいと書いていて、その時には年内には発売されるかもしれないMac用の静電容量無接点のキーボード(つまり東プレのRealforceのこと)の発売を待とうかという気にもなっていたんだけど、やっぱりなるべく早く欲しい。
で、Mac用のメカニカルキーボードを探して見たんだけど、Macでも使えますよってキーボードはあるんだけど、Mac専用のメカニカルキーボードは実はあまりない。
ちょと懐かしい感じのmatias、日本では正式に発売してないみたいなDAS KEYBOARD、なんだか(自分の場合には)ラブホをイメージしてしまうAZIOくらい。
もしこの中で選ぶとしたらDAS KEYBOARDKなんだけど、オークションで出品されるのを待つくらいしか入手する方法がない。
しかも、国内で流通している量が少ないので、その評価がはっきりわからない。
冒険をするには、価格がやはりネックで、そんな冒険をするくらいならそのうちに発売される静電容量無接点のキーボードを待つ方がいい。
というわけで、あまり好きではないmatiasを購入することにした。
matiasから発売されているのは…
Matias mini Tactile Pro Keyboard for mac
Matias Tactile Pro Keyboard for mac
Matias Quiet Pro Keyboard for mac
Matias Ergo Pro for mac
の4種類。
Tactileは白いフレームと白いキー、タイプの音が大きい。
Quietはシルバーフレームに黒のキーで、タイプの音が静か。
miniとあるのはテンキーレス。
Ergoは左右に分かれたキーボードで、手に負担をかけないポジションがとれる。
タイプをするのは自室なので、タイプの音は大きくても静かでも構わない。
でも、今後どこでタイプすることになるのかわかんないので、Quiteにしとけば安心。
ただし、問題はQuiteはフレームのシルバーがアルミ地のシルバーではなくて塗装のシルバーなので、ネットで見る限りはチープに見える(レビューにもそんなこと書かれてる)。
Win用にはmini Quietがあって、こちらは黒のフレームで、Mac用よりもかっこいい。
Mac用だと(Tactile、Quiteの両方とも)キートップに、optionキーとのコンビネーションで入力できる記号がごちゃごちゃプリントされている。
メカニカルキーボードを探し求めたMacユーザーに再起不能なダメージを与えてしまうんじゃないだろうか?
実際、自分もmatiasのキーボードを使うのを諦めそうになった。
Win用だとキャラクタがひとつプリントされてるだけで、かっこいいんだよね。
なんていうのか、手をかけすぎてグッチャグチャにしてるって感じ。
しかしなぁ、Mac用のメカニカルキーボードは他にはないしなぁ。
いっそ、キートップのごちゃごちゃをメラミンスポンジで削り取ってしまおうか?
とか、同じシリーズのWin用も買って、キートップだけつけ替えようかとも思った。
で、結局自分が選んだ方法は、あっさりWin用のmini Quiet Pro Keyboardを買う事だった。
Mac用との違いは、commandとoptionの配列の違いだけだから、システム環境設定で設定しちゃえば問題解決。
実際にはキートップのキャラクタと動作が違うことになるけど、気になるときはメラミンスポンジで削ることにした。

今回は、Mac用の静電容量無接点が発売されるまでのつなぎのつもりだから、新古の整備済製品をオークションで買った。
来週中には届くはずなので、届いたらリポートしますね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

移行するのに復元てのもあり:Mac [Apple +]

Macを替えたんだけどね

今、iMacを買うんだったら、Late2013かな、と思いながら、オークションを見ていたら、希望通りのiMacが出品されていた。
27インチ、FusionDrive。
メモリは後で増設できるし、プロセッサは今のMac mini(i5 DC 2.8GHz)でも充分なので、モニタとストレージさえ叶っとけばLate2013ならどれでもオッケ(多分)。
これくらいで落札できたらいいかと、入札したらその金額で落札できた。
ふふん、ラッキー。

そして、数日後。
自宅に27インチのiMacが配送されて来た。
これまではMac miniに23’の外部モニタを接続して使っていたので、27インチのモニタは見回すという感じで、テキストメインな自分にはちょとデカかったかもと思っている。
テキストをタイプしても、A4サイズの封筒に普通の手紙に書くくらいの文字サイズで書いたような感じ。
まぁ、これもそのうちになれることなんだろう。
そんなことを思いながら、この新しいiMacにタイプしてる。

ところで、今回の機種変更でMac miniからの移行にかなり手こずった。
最も一般的な移行の方法は、移行アシスタントを使った方法で、ふたつのMacをケーブルで接続させる。
今回はどちらのMacにもThunderboltが実装されいているので、さっさと移行が完了するなと思っていたら、なぜだか処理を進められない。
どちらのMacもそれぞれを認識しているのに、いざ移行を始めようとすると、途端に認識しなくなる。
もちろん、そこに至るまでにそれぞれのOSを同じバージョンにしていて、なんのトラブルも考えられない。
何度か同じことを繰り返しても、移行ができなかったので、最終的にTime Capsuleからの移行を選び処理が終わった。
ところが、システム環境設定を起動させ変更を加えようとすると、今度はシステム環境設定のロックが解除できない。
困った。
移行アシスタントのすべての方法を試したけれど、そのどれもがうまくいかない。
ここまで、移行がことごとく失敗する人もあまりいないようで、ネットを見ても、解決する方法を見つけられない。
で、ふと思い出したのは、ディスクユーティリティの「復元」。
この「復元」は、まるっきり同じディスクを別のディスクにコピーするもので、移行アシスタントが使われるようになるまでは、こちらを使って移行していた記憶がある。
復元元と復元先さえまちがえなければ、多分移行アシスタントを使うよりも完璧なものができるはず(だってまるまるコピーするわけだからね)。
もし、復元元と復元先を間違えると、なんにも入っていないディスクが二つできることになるのでそこだけは間違えないように。

clone.jpg

上記の画像だと、復元元が「Macintosh HD」で復元先が「SilverHummer」
どうしても移行アシスタントでうまく移行できない人はお試しください。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

ところで、キーボード、なに使ってる? [Apple +]

自分が使ってるKeyboardは、テンキーのついたMagic Keyboard。
テンキーのついたワイヤレスがほっしーなーと思いながら、Apple Wireless Keyboardを使っていたので、今のKeyboardが発売された時に(少し様子を見てから)買った。
キーのストロークは、Apple wireless Keyboardよりも浅くて、キーの位置も低い。
このまま、キーストロークが浅くなって、ぺったんこ化が進んで行って、最後はiPadになっちゃうのかもしれない。
iPadのKeyboardの表示部分だけで動作するtaptic Engineを採用すれば、行けそうな気がするんだけどな。
てなことを思いながら、頭の片隅は東プレの静電容量無接点式キーボードのことでいっぱいです。
欲しいよぅ。
2017/10にモデルチェンジをして、翌年の3月にはテンキーレスのキーボードを発売した。
Mac用はないのかよと思いながら、記事を追っていくと、テンキーレスの次くらいに発売の予定はあるみたい。
楽しみだなぁ。
でね、この場所にKeyboardを置くと…と考えるのが好きで、最初の発売されたモデルのサイズは455×30×142なので、今使ってるテンキー付きMagic Keyboardの418.7×10.9×114.9よりも一回り大きくなる。
ちょっと机の上をかたずけなきゃいけないな。

気持ちの良いKeyboardが欲しいと思い始めてそろそろ2年になるんだけど、こんなに悩むんだったら、その時に買っとけばよかったかな。
でも、2年間使わずに済んだんだから、このままでもいいのかも知れないと思う。
あ、そういえば、万年筆に興味を持ち始めたのは、たしかその頃からでKeyboardと万年筆って同じような目的のために使うためなので、同じ頃に興味を持ったのかも知れない。
う〜ん、万年筆にかけた分をKeyboardにかけとけば良かったかなぁ。
同じ¥10,000でも、万年筆だとそんなに高い感じはしないのに、Keyboardだと高く感じちゃうんだよね。
変なの。

というわけで、秋くらいまではその新しいMac用の静電容量無接点式キーボードを待とうかなと思ってる。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

こんどはAirMacかぁ [Apple +]

ちょと前のネットにAppleがAirMacの販売を在庫限りでやめると書いていた。
この話は1年くらい前から言われていて、その時に僕は慌ててTime Capsuleを買った。
ちょうど、ひと世代前のTime Capsuleが壊れていた時だったので、1も2もなく飛びついた。
結局、AirMacの販売はそれから1年以上続いたことになる。
Mac本体とMouse(かTrackpad)とKeyboard、その次に買う周辺機器はなんだろうかと考えると、Time Capsuleを買うことに迷いはなくて、Wi-Fiのない生活なんてTVがない生活以上に考えられないくらいだもんね。
で、そのAirMacの販売が中止になるというニュースを聞いて、思い浮かべたのは、これまでにAppleが販売していて、そして、販売しなくなったMacの周辺機器のことで、一番最初に販売をしなくなったのは、スキャナだったかプリンタだったか?
デジカメもあった。
Appleはまだ世間ではデジカメそのものが多くは出回っていなかった頃に、Appleが早々と発売して驚いたことがある。
他には、ピピンもあったし、最近ではディスプレイか。
Appleの、というよりも、誤解のないように書くとすればMacの最初のディスプレイは13inchのトリニトロンで画面に映るグレイのラインがトリニトロンの証だった。
憧れていたのは縦に長いポートレートディスプレイだったな。
256階調のグレイスケールで、カッコよかったなぁ。
今のMacはディスプレイをグレースケールにはできないので、iPhoneをグレースケールにしてみたりする。
(設定>一般>アクセシビリティ>ディスプレイ調整>カラーフィルター>カラーフィルターON
「グレイスケール」を選ぶ
 ※ スクリーンショットをとっても、カラーになっちゃうのが悔しい。
あ、Apple Watchもグレイスケールは選べるからね。

この次に販売中止になるのはなんだろう?

探してる人は急いでね。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

4.7inch iPhone、4日目 [Apple +]

おかしいなぁ、4.7inchのサイズにはもっと抵抗があったはずなんだけど、それほど使いにくくはないんだよね。
操作してても、指が届かないということがほとんどなくて…、っていうのはじつは左手でiPhoneを持って、右手で操作してるからなんだけど、あ、それだったらplusにチャレンジしてもいいかもな。
で、どうして両手で操作するようになったかというと、この2年ほど通勤は車を使っていて、つまり歩きスマホをしなくなったから。
やぱさ、歩いてる時って荷物持ってたりして、iPhoneを片手で操作することが多いでしょ?
片手では4.7inchは使いにくかったんだけど、歩かなくなったら両手使えるから4.7インチでもへっちゃらなんだよね。
それから、iPhoneのサイド(スリープボタンとか音量ボタンのある周囲ね)が丸いので、手のあたりがいい(最初にこのiPhoneを持った時にも感じたんだった)。
というわけで、5月にはSE2が発表されそうなんだけど、ほんのちょっとだけど、このまま4.7インチ派でいっちゃおーかなと思ったりしている。
でもさ、もう少し正直に話すと、じつはもう新しいiPhoneに興味は持てても、持とうとかはあまり思わない。
iPhone6の頃から、自分にはすでにオーバースペックでこの4.7inchのiPhoneの処理がじれったいんだぜなんてことは全然なくて、この4.7inchつまりiPhone6でも、じつは充分だったりする。
不満があるとしたら、お財布になんないし水濡れ厳禁だし、(操作は別に構わないんだけど)でかいのが恥ずかしい。
「山椒は小粒でも…」派な自分だから、大きいというのはじつはそれだけでマイナス評価なのだ。
あ、やっぱりSE2がいいかも。
デザイン的には7はつまんないし、8は、8は赤いのだったらいいかな。
Xはどうもキラッキラなメタル感がなんだか寂しい(ますますでかいし)。
う〜ん、赤い8かSE2かなぁ。

そんなわけで、相変わらず移り気満々なiPhone選びでした。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

コピペすると、もれなく書式がついてくる:エクセルの巻 [Apple +]

会社でエクセルを使って個人データを管理している。
それほど件数は多くないんだけど、それでもアクセス使いたいなぁと思う。
会社はエクセルでやれる範囲でいいからいいからと、結局やれない範囲は人力でってことらしい。
はいはい。
ま、それは置いといて、マクロを使ったりしてどうにかこうにか仕事で使えるようにはしている。
知らない関数も覚えたし、なによりも関数を知ってるだけでは仕方なくて、その使い方を考えなければどうにもならないということを覚えたのが一番大きいかもしれない。
実際に使っているのはデータのみのシートと、そのデータを表示するだけのシート、表示するだけのシートに入力をしたデータを貯めて行くシートの3つを使ってるんだけど、困ったことに処理がどんどん遅くなる。
以前は、1件のデータを入力して表示するまでに1秒かからなかったのが、今では90秒くらいかかってしまう。
問題はコピペで、もう一体どーしちゃったんだよと声をかけたくなるくらいに遅い。
シートの使っていないところを削除してみたり、名前の定義を片っ端から削除してセルの位置表示に置き換えたり、負担のかからない関数に置き換えたりするけれど、解決しない。
困った。
ネットで調べてみると、エクセルではコピペで時間がかかる問題に悩んでる人が多くて、ハードウェアアクセラレーターを無効にしろとか、マルチスレッドやオートコンプリートを無効にしろとあるけれど全然解決しない。
しばらくあーでもないこーでもないと、あちこち見ているうちに、身に覚えのない「条件付き書式」が信じられないほど、作られている。
そもそも入力したデータをただ貯めとくだけのシートには「条件付き書式」なんて必要ないのに、いつの間にかものすごくたくさんのルールが設定されている。
どうもこの「条件付き書式」が怪しい。
で、ルールを削除して行くことにしたのだが、ひとつ削除するのにものすごく時間がかかる。
30秒くらいかかる。
多分、1000個くらいはありそうなので、全部削除すると30000秒(8時間強)、1日の仕事が終わってしまう。
シフトを使っても複数のルールを選べない。
で、条件付き書式を(できれば一発で)削除する方法はないかと調べたら、意外と簡単。
条件付き書式>ルールのクリア>シート全体からルールをクリア
これだけ、処理が終わるまでに数分はかかるけれど、気持ち良く消えてくれます。

しかし、どうして、こんなにルールが増えてしまうのか?
どうもセルのコピーをするとその書式も一緒にコピーされペーストされてしまうらしい。
自分の場合は、マクロで貼り付けたデータが値ともども書式をペースとしたらしい。
しかも、3つも書式がペーストされていた。
マクロでは「xlPasteValues」をつかっていたのにな。

なんかさ、エクセルって何考えてんだかよくわかんないね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

4.7inchのiPhoneを使ってみた [Apple +]

いつもは4inchのiPhone(つまりSEのことだけど)を使っている。
人様よりも特別手がちっちゃいわけでもないんだけど、手の中に収まる感じや指がつりそうになったりしないところが気に入って4inchのiPhoneを使っている。
で、近いうちに新しい4inchのiPhoneが発表されるとかで、今使っている4inchのiPhoneをさっさと処分しようと、昨夜4.7inchのiPhone(つまり、iPhone6)に移行してみた。
そうそう、忘れないうちに書いておくけど、もし今使ってるiPhoneにSuicaを設定しているようだったら、まず最初にSuicaを削除してからiPhoneを初期化した方がいい。
iPhoneからApple IDを削除すると、Suicaも自動的に削除されるらしいけど、完全に削除されるまでに時間がかかって新しいiPhoneでSuicaの設定がなかなかできない。
あ、Suicaを削除とは言っても、iPhoneに記録されているSuicaの情報をサーバーに一時的に退避させてiPhoneから削除するだけで、本当に消えて無くなったりはしないからね。
Apple Watch2以降のユーザーは、かなりの人がSuicaの設定をしていると思うので注意してくださいね。
昨夜はSuicaの削除をし忘れたばかりに、4.7inchのiPhoneにSuicaの設定がなかなかできなくて、ものすごく時間がかかった。
それから、今回初めてアレで移行したんだけど、めっちゃくちゃ楽チン。
アレってのは、えーとApple Watchを設定するときにApple Watchのモニタにドットが丸くざわざわするのを、iPhoneでキャプチャするやつね。
それのiPhone版を初めて経験したんだけど、いちいちパスワードを入力しなくてもいいからラクだよー。

で、まぁ、今日は4.7inchのiPhoneを使っていたわけだけど、なんだか以前ほどでかいなぁという感じもしなくてちょと意外。
4.7インチのiPhoneには100円ショップで買ってきたプラスティックのケースをつけてるんだけど、4inchのiPhoneに比べると薄く感じる。
ただ、モニタがでかいのがなんだか恥ずかしい。
視線も4inchだと手の平を見てる感じだけど、4.7inchは指の上の方を見てる感じ。
もうしばらく4.7inch iPhoneを使ってみるつもり。
新しい4inch iPhoneが出るまでのつなぎのつもりなんだけど、今のところ4.7inch iPhoneを買ったりしても不思議じゃないくらい違和感はない。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

iPhone SE2が発売されるらしい [Apple +]

数ヶ月前から、噂が出ては消えていたiPhone SE2の発表が5月に行われるらしい。
自分が使っているSEも残債があと4ヶ月ほどで終わるのでそれまでに発売されると都合がいい。
iPhone6を始めて手にした時にあのサイズは(自分の手には)持て余すのがわかったので、以来4インチのiPhoneを使っている。
そんな訳なので、iPhone Xが発表された時も(ものすごく欲しかったけど)、展示品をさわるだけで我慢していた。
例えばiMacのようなデスクトップであれば、モニタのサイズが効率的かどうかを判断するだけで良いのだが、持ち歩く事を前提にしたガジェットは使わない時も含めてそのサイズは使い勝手を大きく左右する。
モニタのサイズは広い方が良いに決まっているけれど、直接モニタを指先で(しかも持ったその手で)操作するiPhoneでは、一人一人の手のサイズがモニタのサイズを決める。

発表されるSE2の(噂される)スペックは….
A10 Fusion、Qiワイヤレス充電対応、NFC、3.5mmヘッドフォンジャックの廃止
こんな感じで多分防水。
Face IDは採用されないようなので、上下のベゼルは残るだろう。

ここまでSE2のことを書いて、ふと我に帰ると…SE2は自分には本当に必要かと考えてしまう。
だって、SafariとMail、iMessage、Yahoo!関連Appとメルカリ、Fantastical2、FX系のAppしか使っていない自分に処理速度に不満があるわけないし、ワイヤレス充電も興味があるだけで、特別欲しいとは思わない。
NFCもApple Watchがあるし、3.5mmヘッドフォンジャックもあってもなくてもそれほど構わない。
興味があるのは防水になるかどうかだけど、これまでのiPhone歴で水に落っことしたことはない。
もしかしたら、自分は今のSEで十分なんだろうか?

あ、もしかしたら、iPhoneでゲームをしたい人ってSE2の解像度で満足するわけないから、SE2にA11 Bionicを乗っけてもあまり意味はなさそうだな。
なんての、その解像度をベストだとする人には使うAppの傾向があって、そのAppの実力を発揮するのに最適なプロセッサがあるんだろうな。

iPhone SE2が発表されるまでの間、もう少し考えてみよう。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

さよなら、Office、FileMaker Pro [Apple +]

最近知ったんだけど、Macの32bitアプリが走るOSは、今のHigh Sierraが最後で、以降は64bitアプリのみが走ることになるらしい。
「今でも32bitアプリって、まだ走ってんの?」なんて思ってて、いざ自分が使っているアプリを調べてみると、けっこうメインのアプリが32bitアプリのままで、ちょと焦ってる。
例えば、Microsoft Office 2008、FileMaker Pro 10、File Salvage 8.1、Pages 4.3、OmniOutliner 3.10、OmniFocus 1.10なんかがそうで、まぁ、Omniシリーズは今でも走んないんだけど、痛いのがPagesで現行のPagesはちょと使えないし、OfficeのExcelもそんなに複雑な計算をするわけではないけれど、全然使えないなんてことになるとちょっと困ってしまう。
FileMaker Proもずーっと使っていて、いまさらデータベースを改めて作る気にもなんない(おもしろいんだけどね)。
自分としては、(Macのスペック同様)5年ほど前のもので充分で、いまさら64bitアプリにしたところでメリットって感じないんだよね。
新しくアプリを買ったりするのがめんどくさくて.......、かと言って、OSのアップデートをしないわけにもいかなくて、さぁどうしましょう。
う〜ん、OfficeやFileMaker Proなら最悪の場合、アプリを揃えることで対応できるんだけど、Pagesに関しては代わりになるアプリを見つけることができない。
次のOSのアップデートは9月ごろかな?
それまでに、なんとかしなきゃな。

というわけで、32bitアプリの見つけ方。
メニューバーのから「このMacについて」
「システムレポート...」>ソフトウェア>アプリケーション
デフォルトだと、一番みぎに64ビット(Intel)があるので、そこに「いいえ」と表示されているものが32bitアプリです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

SEの人はXに機種変するのかな [Apple +]

こないだiPhone Xのデモ機をさわってきた。

すでに僕の手はSEサイズになじんでいるので、なんだか8Xの区別ができなくて(ついでに白状すると、8を手にしても、7との違いがわからずに8はどこにあんのかなと探していた)、やっぱり僕の左手の親指はモニタの反対側には届かない。

でも、持った感じは手に吸いつくような感じで悪かないし、ケースつけなくても落っことすことはないかもなぁ。

それで、18ヶ月前にそのサイズの(指が届きません)問題から6からSEに機種変してからは、あのサイズだけはいただけないと思っていて、78もスルーしてるんだけど、Xだったらあるかもなぁとちょと考えている。

なんての、X SE(逆さまにはしづらい)てのかな、XのスペックでサイズだけはSEってのが出たら飛びついちゃうんだけどな。

 

最近はiPhoneの使い方も基本的なところだけで、そんなに高スペックでなくても構わないもんだから、以前みたいにドキドキして予約受付の16:01を待つということもなくて、ともすれば、8Xがこの世に存在していることさえ忘れてしまう。

で、何かがあるとそんなすっごいiPhoneがあったんだと思い出しては、こんな記事を書いている。

.....不満はないんだよね、今のSEにはさ。

ポケットにもすんなり収まってくれるしね。

でもさ、外出先でテキストをタイプするときには少しでも大きなモニタがあるとタイプしやすくて、Wireless Keyboardのサイズを考えるとXはおろか8 plusを使いたいくらいで、.....いや表示エリアはXの方が広いからやっぱりXの方がいいのかな?

 

なんてことで、悩んだりしている。

 

それにしてもさ、Macより高くなっちゃったんだよね、iPhone。

5kのモニタに出力できたらいいのにな。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット