So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

メカニカルキーボードはどこですか? [Apple +]

Macでメカニカルキーボードを使いたいと思い始めて
そろそろ2年(くらい?)。
ひと月ほど前の記事にも、メカニカルキーボードが欲しいと書いていて、その時には年内には発売されるかもしれないMac用の静電容量無接点のキーボード(つまり東プレのRealforceのこと)の発売を待とうかという気にもなっていたんだけど、やっぱりなるべく早く欲しい。
で、Mac用のメカニカルキーボードを探して見たんだけど、Macでも使えますよってキーボードはあるんだけど、Mac専用のメカニカルキーボードは実はあまりない。
ちょと懐かしい感じのmatias、日本では正式に発売してないみたいなDAS KEYBOARD、なんだか(自分の場合には)ラブホをイメージしてしまうAZIOくらい。
もしこの中で選ぶとしたらDAS KEYBOARDKなんだけど、オークションで出品されるのを待つくらいしか入手する方法がない。
しかも、国内で流通している量が少ないので、その評価がはっきりわからない。
冒険をするには、価格がやはりネックで、そんな冒険をするくらいならそのうちに発売される静電容量無接点のキーボードを待つ方がいい。
というわけで、あまり好きではないmatiasを購入することにした。
matiasから発売されているのは…
Matias mini Tactile Pro Keyboard for mac
Matias Tactile Pro Keyboard for mac
Matias Quiet Pro Keyboard for mac
Matias Ergo Pro for mac
の4種類。
Tactileは白いフレームと白いキー、タイプの音が大きい。
Quietはシルバーフレームに黒のキーで、タイプの音が静か。
miniとあるのはテンキーレス。
Ergoは左右に分かれたキーボードで、手に負担をかけないポジションがとれる。
タイプをするのは自室なので、タイプの音は大きくても静かでも構わない。
でも、今後どこでタイプすることになるのかわかんないので、Quiteにしとけば安心。
ただし、問題はQuiteはフレームのシルバーがアルミ地のシルバーではなくて塗装のシルバーなので、ネットで見る限りはチープに見える(レビューにもそんなこと書かれてる)。
Win用にはmini Quietがあって、こちらは黒のフレームで、Mac用よりもかっこいい。
Mac用だと(Tactile、Quiteの両方とも)キートップに、optionキーとのコンビネーションで入力できる記号がごちゃごちゃプリントされている。
メカニカルキーボードを探し求めたMacユーザーに再起不能なダメージを与えてしまうんじゃないだろうか?
実際、自分もmatiasのキーボードを使うのを諦めそうになった。
Win用だとキャラクタがひとつプリントされてるだけで、かっこいいんだよね。
なんていうのか、手をかけすぎてグッチャグチャにしてるって感じ。
しかしなぁ、Mac用のメカニカルキーボードは他にはないしなぁ。
いっそ、キートップのごちゃごちゃをメラミンスポンジで削り取ってしまおうか?
とか、同じシリーズのWin用も買って、キートップだけつけ替えようかとも思った。
で、結局自分が選んだ方法は、あっさりWin用のmini Quiet Pro Keyboardを買う事だった。
Mac用との違いは、commandとoptionの配列の違いだけだから、システム環境設定で設定しちゃえば問題解決。
実際にはキートップのキャラクタと動作が違うことになるけど、気になるときはメラミンスポンジで削ることにした。

今回は、Mac用の静電容量無接点が発売されるまでのつなぎのつもりだから、新古の整備済製品をオークションで買った。
来週中には届くはずなので、届いたらリポートしますね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

移行するのに復元てのもあり:Mac [Apple +]

Macを替えたんだけどね

今、iMacを買うんだったら、Late2013かな、と思いながら、オークションを見ていたら、希望通りのiMacが出品されていた。
27インチ、FusionDrive。
メモリは後で増設できるし、プロセッサは今のMac mini(i5 DC 2.8GHz)でも充分なので、モニタとストレージさえ叶っとけばLate2013ならどれでもオッケ(多分)。
これくらいで落札できたらいいかと、入札したらその金額で落札できた。
ふふん、ラッキー。

そして、数日後。
自宅に27インチのiMacが配送されて来た。
これまではMac miniに23’の外部モニタを接続して使っていたので、27インチのモニタは見回すという感じで、テキストメインな自分にはちょとデカかったかもと思っている。
テキストをタイプしても、A4サイズの封筒に普通の手紙に書くくらいの文字サイズで書いたような感じ。
まぁ、これもそのうちになれることなんだろう。
そんなことを思いながら、この新しいiMacにタイプしてる。

ところで、今回の機種変更でMac miniからの移行にかなり手こずった。
最も一般的な移行の方法は、移行アシスタントを使った方法で、ふたつのMacをケーブルで接続させる。
今回はどちらのMacにもThunderboltが実装されいているので、さっさと移行が完了するなと思っていたら、なぜだか処理を進められない。
どちらのMacもそれぞれを認識しているのに、いざ移行を始めようとすると、途端に認識しなくなる。
もちろん、そこに至るまでにそれぞれのOSを同じバージョンにしていて、なんのトラブルも考えられない。
何度か同じことを繰り返しても、移行ができなかったので、最終的にTime Capsuleからの移行を選び処理が終わった。
ところが、システム環境設定を起動させ変更を加えようとすると、今度はシステム環境設定のロックが解除できない。
困った。
移行アシスタントのすべての方法を試したけれど、そのどれもがうまくいかない。
ここまで、移行がことごとく失敗する人もあまりいないようで、ネットを見ても、解決する方法を見つけられない。
で、ふと思い出したのは、ディスクユーティリティの「復元」。
この「復元」は、まるっきり同じディスクを別のディスクにコピーするもので、移行アシスタントが使われるようになるまでは、こちらを使って移行していた記憶がある。
復元元と復元先さえまちがえなければ、多分移行アシスタントを使うよりも完璧なものができるはず(だってまるまるコピーするわけだからね)。
もし、復元元と復元先を間違えると、なんにも入っていないディスクが二つできることになるのでそこだけは間違えないように。

clone.jpg

上記の画像だと、復元元が「Macintosh HD」で復元先が「SilverHummer」
どうしても移行アシスタントでうまく移行できない人はお試しください。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

BRFN-30M-B [文房具]

2016年、秋
それまではボールペンばかりを使っていたのだが、netでBullet Journalを見つけ、手書きのnotebookを使い始めようと思いついたのが、万年筆を使い始めるきっかけだった。
肝心のBullet Journalは挫折してしまったが、そのときに気持ち良く使える筆記具をを探していて見つけたのが、万年筆だった。
最初に買ったのはLAMY Al-Star、初心者に最適だと言われているLAMY Safariの兄貴分にあたる万年筆だった。
そこから始まり、kakuno(これも初心者に最適)。
母親が若い頃に使っていたSheaffer TARGA(Sheafferはインレイドニブが有名で、インレイドニブ以外のSheafferは使う気がしない)。
Pilot cocoon(ペン先はKakunoと同じだけど、軸が違うだけで書き味も変わるという事を知った)。
Pilot Elite(コンバーターも使えるけど、インクの残量は見えなくなってしまうのが残念、でもニブはきれい)。
Pilot Custom Heritage 92(初めての金ペンで、デモンストレーター+スクリュー式に惚れた)。
Pilot ペン習字ペン(カリッカリなEFだと書く字も印象が変わる)。
Cross ATX(フローが良すぎて書かれたラインも濃淡も出ないけど、却ってそれが気持ち良い。Sheafferもだけど)。
Platinum #3776(唯一のペンポイントがBのペン。文字がとても太くてブルドーザーで整地する時ってこんな感じじゃないかと思う)。
Sailor ProFit(Eliteの代わりに使い始めたEFで、フローが渋すぎて使いづらいので、機会があればペンドクターに調整してもらう予定)。
Sailor ProGear Σ Slim(一生使うんだと思って奮発して買ったのに、今は後述のProGearにその場を譲っている)。
Sailor ProGear(唯一の21kだけど14kとの違いがよくわからない。ペンポイントは珍しいMF)。
すでに忘れてしまった万年筆もあるような気がする。
で、自分でも呆れてしまうのは、使っているインクはほとんどSailorの青系のインクばかりで、青系以外のインクも持つには持っているけれど万年筆に入れていない。
そうなると困るのは外出した時で、書類によっては「インクの色は黒で」とか、「ボールペンで」と注意書きされていることも多く、青系万年筆しか持っていない自分は手も足もインクも出ない。
もちろん、机の引き出しにはかつて使っていたボールペンもあるのだが、万年筆の書き味に慣れてしまうとボールペンは疲れるし、書かれた文字もつまらないので今更持ち歩く気にもなれない。
だからか、細身の見た目のかっこよいボールペンばかりなのかもしれない。
ボールペンには筆記する楽しさってのはないような気がする。
それがどんな意味なのかは、実際に万年筆で文字を書いて見るとよくわかります。
だから相変わらずスターリングシルバーのCrossもカランダッシュも横目で見るだけだ。

では、外出時の筆記をどうするか?
ベストなのは黒いインクのボールペンを持つこと。
会社で同僚が使っているボールペンを借りて使ってみたけれど、軸が細すぎて使いにくい。
そして、見つけたのがPilot TIMELINEだった。
早速買ったTIMELINEを手にしてみると、Pilot Eliteのシルエットとほぼ同じ。
違うのはクリップの形と重さくらい。
しばらくの間、2本挿しのペンシースに入れて持ち歩いていたのだが、Eliteは筆記するときにポスティングしたキャップがグラグラして落ち着かないので、Eliteは処分してしまった。
以来、相方をなくしたTIMELINEはProGearやΣの相手をしている。
万年筆が好きな自分が持ち歩く万年筆を替えることがあってもTIMELINEだけはいつも持っているというのも変な感じだが、使えるボールペンはTIMELINEしかないので仕方ない。
TIMELINEをもう少し説明すると、軸の太さは自分の手にはちょうどよい、軽いチップと軸の重さでボールペンにありがちな押さえつけつつ書くということをしなくても、スラスラと書くことができる。
リフィルは線の太さがEF・F・Mの3種類、色は青・黒・赤の3色。
今使っているのはMの黒(BRFN-30M-B)だが、時々線がかすれるので、たまにFの黒を使っている。
本当はMの青を使いたいのだが、自分がボールペンを使う目的は好みとは別のところにあるので、黒を使っている。
TIMELINEはペン先を繰り出すギミックも気に入っているので、しばらくは使い続けるだろう。

今使っているTIMELINE

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨
前の3件 | -