So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

万年筆を持ち歩く -その後 / これから- [文房具]



前回の記事に、持ち歩く筆記具をBallpen + 万年筆から、万年筆2本(ProFit EF +ProGear MF)に変更したと書いた。

ところが1週間ほど使ってみたのだが、どうも、使い勝手が良くない。

ProFitはBallpenの代わりに会社で使うはずだったのに実際にはなかなか使いにくい。

万年筆は使わない時にはキャップをしておかなければ、ペン先が乾いてしまう。

このProFitはフローも渋いので、文字もかすれやすい。

かと言って、都度キャップをするにはネジ式なので、ひと手間かかる。

結局、Ballpenの代わりにはならないことがわかった。


そんなわけで、今はまた元のようにTimeLine + ProGearの組み合わせに戻していて、手軽に使える万年筆として、Kakuno EFにPilo BlueBlackを入れて、会社の引き出しに入れている。

Kakunoは嵌合式なので、すぐにキャップが外せるし、フローもちょうど良い。

価格もチープなので気兼ねなく使い倒せるのも魅力だ。

14kのProFitよりも鉄ニブのKakunoの方が使いやすいなんて、ちょとショック。

インクのPilot BlueBlackはよく言われるように青すぎるBlueBlackなので、書き込みをした時の視認性が良い。

もしかしたら、仕事・事務用インクとして開発されたんじゃないだろうか?

このBlueBlackは自分の中では意外と評価が高くて、これからも使い続けるインクとして、蒼墨、Jentle Ink Blue Blackと一緒に使ってくんじゃないかと思う。

入手もしやすいしね。


さて、今のままでは、ProFitの出番がなくなってしまうので、ペンドクターに見てもらう機会がある時は、少しフローの調整をしてもらおうと思う。


そろそろ、自分にとって使いやすい万年筆も絞れてきたので、整理しようかなと思っているところ。

最終的には3本以内に抑えるつもり。


nice!(0)  コメント(0) 

万年筆を持ち歩く [文房具]

1年ほど前にNAGASAWA オリジナルのSailor ProFitを買った。
ペン先のサイズはEFで14k、風見鶏の刻印、軸がシルバートリムで気に入っている。
この半年ほどは、クリーニングをしてケースに保管していたのだが、久々に使いたくなったので、色彩雫の松露を入れて先日から持ち歩いている。
持ち歩いているペンケースは2本挿しなので、ProFitを持ち歩くにあたり、ボールペンのTimeLineを自宅に置いとくことにした。

万年筆を使う人だったら「さて万年筆を持ち歩くのに、どれを選ぼうか」とか、「万年筆を使えないシーンもあるのだが、さてボールペンも持ち歩くべきだろうか」なんてことを一度は考えたりするんじゃないだろうか?
現代の生活では、そもそも文字を手書きする機会は仕事の場以外ではなかなかないし、多くの場合は筆記具が用意されている。
しかし、それでも、万年筆が好きでたまらない人たちは、機会があれば愛用の万年筆で文字を書きたいと思っている。
滅多にない機会を生かすために、いつも万年筆を持ち歩いている。
そうでしょう?
僕もそうです。
仕事先では許される限り万年筆を使い、バッグの中には(万年筆で筆記するとそれはそれは快適な紙で作られた)メモや手帳を用意する。
しかし、それでも、万年筆を使う機会はあまりにも少ない。
Bのペン先が一番万年筆らしい筆記感と筆跡になると思っていても、仕事の書類に書くには文字が太すぎる。
しかも、顔料系のBlueBlackを使っていても、「青いインクですか?」とか、「水に濡れても大丈夫ですか?」なんてことを言われてしまう。
書類の片隅に「黒か青のインクで」て書いてるでしょ?
いやいや、缶コーヒーの飛沫を書類に飛ばして汚い斑点つけたり、キーボードに盛大にお茶をひっくり返してノートPCを壊したりしないから僕は大丈夫だよ。
なんてことを思いながら、特別な指定がない限りは万年筆を使ってる。
ただし、そうすると使えるインクの種類も限られてくるわけで、仕事で使える一般的なインクの色は黒・BlueBlack・青(なんとか)くらいで、水にも強いインクであれば、顔料系や古典インクに限られる。
そんなわけで、僕が持ち歩いている万年筆は次の2本(ボールペンは多分どこにでもあるだろうからと、持ち歩くことはあきらめた)。
Sailor Professional Gear 21k MF:Sailor 蒼墨
Sailor ProFit NAGASAWAオリジナル 14k EF:Pilot 松露
仕事で使うときにはProfessional Gearを使い、プライベートではProFitを使うようにした。

持ち歩き用の万年筆は、ペン先の違うサイズのものと、使うシーンを想定してインクを選ぶと良いかもですね。
僕もできれば、いろんな種類の万年筆を持ち歩きたいけど、実際には使う機会は少ないので、2本までと決めてます。
もしかしたら、ProFit EFのインクはすぐに違うインクに替えるかも。
ペン先がEFだとインクを選ぶのがむずかしい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

ドリーミング・オブ・ホーム&マザー:内海文三 [Book]

まとめて手に入れた内海文三氏の本の中から何気なく一冊を手にとってパラパラとめくったら、小学生の子供たちと犬の話が書かれていたので、ちょっとだけのつもりで読んでたら、結局最後まで読んでしまった。
いや、ついつい引き込まれてってわけではなくて、ここでやめても再読はないだろうから、このまま読み進めようと思った次第。
すいません、あまり乗れなかったです。
自分がよくやっちゃうんだけど、同じ作家の本を続けて読んで飽きてしまうという失敗。
聡とゆうのキャラクタも、初めて読めばおもしろいんだけど、すでに海人と椿子(桜子)を知っているので、どうしても、パワーが弱いなぁと思ってしまう。
ついでにいうと小川さんも竹内さんほど魅力は感じなかった。
魅力があったのはイエケだったな。
でも、イエケの容姿を頭の中で想像しながら読んでると、どうも「ベルカ、吠えないのか」が出てきてしまう(全然犬種が違うんだけど)。
だから、イエケ登場のシーンなのにそこで走り迫るのはベルカだったりして、もひとつこの作品に入り込めない。
もうひとつ言い訳させてもらうと、小学生の頃に近所の犬に噛まれたことがあって、それ以来犬が苦手なのだ。
ましてこんな犬が襲うシーンがあったりするともうダメってところも、のめり込めなかったんだと思う。

まぁ、そんなわけで、この作品の感想は全然書けない。
もし感想を書けと言われたら、なんだかジュクジュクしてておもしろくなかったってことになる。
内海氏の作品は他に「ハルビン・カフェ」「ぼくが愛したゴウスト」「そこに薔薇があった」の3冊があって、ちょと時間を空けてまた読むつもり。
今さ、パラパラっと裏表紙を眺めたら、「ぼくが愛したゴウスト」の解説は伊坂幸太郎氏なんだね(エッセイ集でも紹介してたしね)。
この次には「ぼくが愛したゴウスト」を読むことにしよう。
「そこに薔薇があった」は外しそうな予感。

というわけで、この後「都市と都市」と「川は静かに流れ」のどちらを読もうかと思案中。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の3件 | -