So-net無料ブログ作成

Cross ATXを仕事で使ってみた [文房具]

Ama-iroはなんだか緊張感がなくて、どうも仕事をしているという感じがしない。
やっぱり、仕事で使うんだったら、BlueBlackとかBlackがいいかもしんないね。
Ama-iroはプライベートで使う色なのかもしれません。
まぁ、そんなわけなので、仕事では簡単なメモを取るときに使ってみた。
ATXのニブはスチールなので、ゴチゴチした感じがする。
でもフローは豊かなので、どんなに早く書いても文字がかすれることもない。
ただ、気になるのは時たま引っかかるような感じがすること。
引き攣るというのか、軋むというのか、そんな感じ。
これはスチールニブのせいなのか、ペンポイントの調整が良くないからなのかはわからない。
ATX自体の重さとペン先の滑りの悪さで長く使うには疲れそう。
これは日頃、ProGear ΣのPMMA樹脂の軸の軽さとペンポイントのスルスルに慣れているので、こうして改めてタイプの違う万年筆を使うと、よくわかる。
うん、やっぱりProGear Σは良い万年筆だと思う。
セーラーのペン先は、サラサラというかカサカサというか、ドライな感じがするんだけど、パイロットのペン先はヌルヌルでウェットな感じ。
プラチナは、セーラーとパイロットの中間な感じかな。
EFだったらプラチナを使いたい。
ニブのデザインはやっぱりセーラーが好き。
Σの青墨に汚れたバイカラーも使い込まれた万年筆って感じがして好きだし、青く光るNAGASAWAオリジナルの風見鶏ニブもかなり好き。
今度、風見鶏ニブのBを買おうかなぁと思っているところなんだけど、あまり出番はなさそうなので、もひとつ踏ん切りがつかないとこ。
Fountain2.jpg
上から順番に....


Cross ATX -F-


Sailor ProGear Σ slim -M-


Pilot Custom Heritage92 -F-


NAGASAオリジナル Sailor ProFit -EF-


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

Cross ATXを買った。太さはF [文房具]

すでに手放してしまったSheaffer TARGAの豊かなフローをもう一度楽しみたくて、万年筆をまた買った。
TARGAは好きなモデルだけど、同じものを使っても仕方ないのでCross ATXを買ってみた。
ペンポイントはFだけど、今使ってるSailor ΣのMと同じくらい、いや、もうすこし太い。
もちろんそんなことを予想しての購入だったので、全然後悔していない。
初めて万年筆を買ったときには、なるべく細い線が書けるようにとFとかEFを買ったんだけど、万年筆に慣れるにしたがってMなんかのちょと太めのものが好きになってきた。
いつも持ち歩く2本用のペンケースにはMとEFを入れてるんだけど、使うのはMばっかりでたまにEFを使うと線がかすれたりするので、最近はほとんど使うことがない。

手持ちの万年筆をちょと書き比べて見た。
Fountain.jpg
こんな感じで、ちょとわかりにくいけれど、CrossのFはフローがドバドバで線も太い。
小さな字や画数の多い字を書くには不適だけど、好きなことをガンガン書くときにはストレスなしで書けそう。
ちなみにそれぞれのインクは、
ATX:色彩雫-Amairo-
ProGear Σ:Sailor 青墨
Pilot Heritage92:Sailor Jentle Ink BlueBlack
ProFit:Sailor STORiA night(Blue)
こうして書き比べてみると、青墨はいいインクだなぁと思います。
意外とSailorのインクをよく使ってますね。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

4.7inch iPhone、4日目 [Apple +]

おかしいなぁ、4.7inchのサイズにはもっと抵抗があったはずなんだけど、それほど使いにくくはないんだよね。
操作してても、指が届かないということがほとんどなくて…、っていうのはじつは左手でiPhoneを持って、右手で操作してるからなんだけど、あ、それだったらplusにチャレンジしてもいいかもな。
で、どうして両手で操作するようになったかというと、この2年ほど通勤は車を使っていて、つまり歩きスマホをしなくなったから。
やぱさ、歩いてる時って荷物持ってたりして、iPhoneを片手で操作することが多いでしょ?
片手では4.7inchは使いにくかったんだけど、歩かなくなったら両手使えるから4.7インチでもへっちゃらなんだよね。
それから、iPhoneのサイド(スリープボタンとか音量ボタンのある周囲ね)が丸いので、手のあたりがいい(最初にこのiPhoneを持った時にも感じたんだった)。
というわけで、5月にはSE2が発表されそうなんだけど、ほんのちょっとだけど、このまま4.7インチ派でいっちゃおーかなと思ったりしている。
でもさ、もう少し正直に話すと、じつはもう新しいiPhoneに興味は持てても、持とうとかはあまり思わない。
iPhone6の頃から、自分にはすでにオーバースペックでこの4.7inchのiPhoneの処理がじれったいんだぜなんてことは全然なくて、この4.7inchつまりiPhone6でも、じつは充分だったりする。
不満があるとしたら、お財布になんないし水濡れ厳禁だし、(操作は別に構わないんだけど)でかいのが恥ずかしい。
「山椒は小粒でも…」派な自分だから、大きいというのはじつはそれだけでマイナス評価なのだ。
あ、やっぱりSE2がいいかも。
デザイン的には7はつまんないし、8は、8は赤いのだったらいいかな。
Xはどうもキラッキラなメタル感がなんだか寂しい(ますますでかいし)。
う〜ん、赤い8かSE2かなぁ。

そんなわけで、相変わらず移り気満々なiPhone選びでした。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット