So-net無料ブログ作成
検索選択

Apple Watch + バンド3本 [Apple +]

Apple Watchの楽しみは簡単にバンドを換えられることで、先日ミラネーゼループを買ったので、付け替えて楽しんでいます。

3bands.jpg
上から、リンクブレスレット(純正)、NATOストラップ(にせもの)、ミラネーズループ(サードパーティー製)

今使っているApple Watch SSケース 38mmには、リンクブレスレットがついていた。
このバンドは精密に加工されていて、バタフライバックルを折りたたんだ時の厚さは、バンドの他の部分と同じ厚みで、腕に巻いた時にもごく自然にフィットする。
バンドを緩めるバタフライバックルのボタンも飛び出していない。
コマを外す時も特別な工具は不要で、指先で取り外しボタンを押してリンクを引いて外す。
しかし、問題はバンド自体の厚さがあるので、ごつくて重いこと。
仕事に行く時に使っている。

LB1.jpg
LB3.jpg
バタフライバックルの部分と他の部分の厚さが同じで、ボタンも飛び出していない

次に買ったのは、NATOナイロンストラップとか呼ばれるNATO G10みたいなバンド(もちろん偽物)。
もともと腕時計をあまりしたくないのは重いのと自分の汗で手首がかぶれるからで、なるべくなら軽くて水洗いオッケーなナイロンストラップをいつもしていたい。
引き出しの中にしまわれたHamilton Kahki sub / mateにもナイロンストラップをつけている。
今回買ったストラップのデザインは、007でショーン・コネリーがサブマリーナにつけていたストラップのモノマネさん。
Apple Watch用のラグがついてなかったので、ラグは別途購入。
38mmのケースにつける場合は、ラグはもちろん38mmだけど、ストラップの幅は22mmが良いようです。
ちょと厚みがあって、ナイロンのくせに通気性は良くない(ちょと失敗)。
選ぶ時にはセパレートタイプのものを選びましょう。
Watch背面のLEDが塞がれてしまいます。
オフの時につけてます。
NS2.jpg
ウォッチの背面が露出するタイプのものを選びましょう


で、最近買ったのは、ミラネーゼループ。
ちょと嫌味っぽい感じがして、好きではなかったんだけど、皆さんのレヴューを見ると軽いとか通気性が良いとあったので、ものは試しと買ってみました。
うん、ものすごく軽い、しかも通気性が良さそう。
NATO G10(みたいな)よりも通気性は良いです。
バンドの長さはマグネットで無段階に調整ができる上に、ミラネーズが折りたためるくらいフニャフニャなので、3本の中ではもっともつけごこちがよいです。
マグネットが、あちこちにくっつくので、ちゃんとセットするまでは収まりは悪いですね。
それから、やっぱり見た目は嫌味です。
仕事でも使えるし、オフでも使えるので、一番扱いやすいかもしれません。
ML3.jpg
マウスのケーブルにかぶせても、しなやかなので浮きません。


というわけで、この次は革のバンドですね。
一番苦手なんだバンドなんだけど、ひとつ持っとくとなにかあった時に使えそうです。
デザインは、クラシックバックルみたいなのがいいかな。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

(iPhone7が出ているというのに)iPhone6を買おうかと思うんですが... [Apple +]

先日からApple Watchを使い始めている。
そのために半年くらい前から進めていたiPhoneの次期構成には、Apple Watchが含まれていなかったので、もう一度構成を考えなければならなくなりました。
ちなみに以前は........
iPhone5c:MVNO:通話主体:家族が使用
iPhone6:SoftBank:データ通信主体:ぼくが持ち歩く
iPad mini:WiFi:主にベッドでネットを見る:ぼくが持ち歩く
......でした。
もうなんだかぐちゃぐちゃな使い方をしていて、通話主体ならMVNOではなくてSoftBankだろうし、データ通信が主体ならSoftBankではなくてMVNOだろうし、ベッドでネットを見るだけのiPad miniは自宅に置いとけばいい。
持つものは持っていても運用の仕方がへんてこりんなことになっていて、これをなんとかせねばと、構成を考えたわけです。
そして、初夏の頃に第1弾として.......
iPhone5cを処分してSoftBankにMNPした。
新規に契約したiPhoneSE 64GBと既に契約しているiPhone6のSIMを入れ替えた。
ぼくがiPhoneSEを使い、家族はiPhone6を使っている。

<今、ここです>

第2弾として、iPhoneSEの契約が半年を過ぎたらSIMフリーにして、MVNOへMNPする。
これで、通話主体の家族はiPhone6をSoftBankで使い、データ通信主体のぼくはiPhoneSEをMVNOで使うことができる。
iPad miniはベッドでネットってのが一番多い使い方なんだけど、持ち歩いていてもたまに使うこともあるから、iPad miniは当初のまま。

ところが、先日、試用のつもりで買ってしまったApple Watchが意外と使えるので、このまま使うことにしました。
ぼくがiPhone6からiPhoneSEに移行したのは、ポケットに入れづらかったからでした。
Apple WatchがあればiPhoneはバッグにしまっとけるので、ポケットに入るディスプレイの小さなiPhoneSEのサイズがあだになってしまいました。
というわけで、もう一度iPhoneの構成を考え直さなければいけなくなったわけです。

今考えている構成はApple WatchとiPhoneSEとiPhone6/6+、または、Apple WatchとiPhone7/7+のどちらにしようかと考えています。
どちらにしても、iPad miniを持ち出すのはやめて、ベッドサイドに置いとこうと思います。
可能であれば、iPhoneSEを処分してiPhone7/7+に移行したいんですが、iPhoneSEの割賦が始まったばかりなので、これからiPhone7/7+を購入というのは、ちょとつらい。
それにiPhone7/7+を購入するんだったら、MVNOへMNPするよりも今のままSoftBankで機種変した方が良さそうな気もします。
ちなみに、今の状態でSoftBankで機種変するのと、AppleでSIMフリーのiPhone7/7+を買い、MVNOへ移行するのではどちらがお得かを計算してみると.....(iPhone7 128GB、カッコ内はiPhone7+ 128GB)

SoftBankの条件は、通話定額ライト、5GB
SoftBankで7/7+へ機種変すると、¥8,895(¥9,480)。
MVNOはIIJで、6GB、誰とでも5分&家族と30分(¥830)
AppleStoreで7/7+を購入して、MVNOへ移行すると、¥3,771+¥3,294=¥7,065(¥4,356+¥3,294=¥7,650)

やはり、こうして比較してみると、SIMフリー+MVNOの方が安く使えそうです。
う〜ん、iPhoneSEじゃなくてiPhone6sを買っとけば悩まなかったのに。

------------------

.....と、なんだか困ったなと思っていたんですが、しばらくはiPhoneSEを使うことにしました。
もっと大きなディスプレイや、テキストのタイピングがしたくなった時は、ベッドサイドにあるiPad mini 2 を持ってくことにしました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Apple Watchってさ、もう頭打ってんじゃないの? [Apple +]

なにしろ、あのサイズでしょ?
できることは限られてるんだと思うんだよね。
iPadならノートブックとか、スケッチブックとか、鍵盤とか、本とかに化けることはできるんだけど、Apple Watchのサイズだと化けるものがないんだよね。
万歩計?
いやいや、時計にはうまく化けてるね。
なんだかおかしいのが、改めて腕時計を再認識したってことで、わりとしょっちゅう時間を確認するようになったよ。
でね、何かに化けるってのは、パソコンがそうで、現実世界の何かをまねているだけなんだよね。
現実のものをモニタの中に再構成してるだけで、そもそも最初に見ることになるのが、「デスクトップ」って名前の画面なわけだから。
もちろんそんな形態を持たせるほうがユーザーが理解しやすいので、変に説明しなくてもいいってのはあるんだけどさ。
話を元にもどして、Apple Watchのサイズってのはどう考えても、不利なサイズなわけで、もう潰しも効かないんだよ。
もし、これからも進化するとしたら、何か新しいものを創造するしかなくて、それはものすごくむずかしいことだと思う。
iPhoneが成功したのは電話を再発明したからで、発明したからじゃない。

Apple Watchはseries2が登場して、もうすぐひと月がすぎるけど売れ行きはどうだろう?
ぼくもseries2は是非購入しようと思ったものの、価値に疑問があったので、ひとまず(価格の下がった、中古の)オリジナル(初代)のApple Watchを使って様子をみました。
20日過ぎたのかな?
たぶんね、平均的な人は買い換える必要はないと思います。
series2でスペックアップしたのは、GPS、5気圧防水、明るくなったディスプレイ、FeliCa、処理速度の上がったプロセッサなんだけど、この中で自分に必要なものがあるとしたら、明るくなったディスプレイだけでした。
もちろん、それ以外のところも羨ましくはあるんだけど、冷静に考えるとたぶん使えるシーンはほとんどなさそうです。
いつもiPhoneを持っていて、手を洗う時でさえ腕時計を外し、FeliCaなんて使ったことのないぼくは、処理速度がアップしたApple Watchに何をさせたいのかわかりません。
series2に移行しても得られるものは多くないと思います。

ちょっと散々な言い方をしてしまったけれど、すでに完成したガジェットなんだと思います。
あのサイズでできることはあらかたしてしまっていて、おそらく今後はApple Watchはなにか他のガジェットと組み合わせて使うような形で進化するんじゃないかと思います。
今は、iPhoneとくっついているけれど、あくまでもiPhoneはハブのような役割をしているだけで、もっと違うウェアラブルなものと組み合わされるだろうなと思います。
そうそう、Apple glassとかね。
もしかするとこれからの数年間は新製品のラッシュを迎えるかもしれませんね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Apple Watch 自宅でもしてんの? [Apple +]

Apple Watchを使い始めて2週間、僕はどうも自宅に戻ると腕から外してしまいそうになります。
自室に戻り、部屋着に着替える。
家の中ではメガネも外す人なので、一緒にApple Watchも外しそうになって、慌てて腕につけ直す。
これは、以前からの腕時計をしていた頃からで、バンドまわりの汗で皮膚が炎症を起こしやすかったので、不要な時は時計を外していた癖が未だに抜けてないようです。
Apple Watchを使ってて便利なのは、何かに熱中していても着信を確実に知ることができるところなんだけど、自宅に帰るとそれほど大事な着信はなくて、なにしろiPhoneでさえ部屋に戻れば机の上に置いたままにして、居間に移動してしまう。
そして、食事をして入浴。
夜遅くになって夕方に着信した電話に気がつく始末です。
今は、寝るまではApple Watchをしているので、着信にも気がつくんだけど、iPhoneは相変わらず自室の机の上で、かといってApple Watchで電話はしないので、結局は後でこちらから掛け直しています。
そういえば、コードレス電話が登場してから家族の前で電話をするということも、なくなりましたねぇ。
家の中でもApple Watchをしてる人ってどれくらいいるんでしょうか?
ちょと気になります。

昨夜、寝るときも外さずにいたんですけど、熟睡できませんでした。
夜中もメールの着信がくることもあって(DMなんですけどね)、腕へのノックでかすかに意識が戻りつつ、着信の表示が明るい。
どうも、寝るときは外すのが正しいようです。
ということは、やはりその時間を利用して充電てのが正解ですね(って、普通そうだろう?)。
もちろん今後series3が出る頃には、この睡眠時間のApple Watchの設定てのも用意されるんでしょうけど。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

ライブ変換一周年 [Apple +]

始めてのライブ変換を経験したのは、MacBook Air(i5 1.6GHz / 4GB / 128GB)で、プロセッサの能力が低かったのか、それとも、メモリが足りなかったからなのか、あまりにも変換が遅すぎて使おうという気にならなかった。
それがMac mini(i7 DC 2.3GHz / 16GB / 750GB FD)に移行するきっかけになったわけで、ライブ変換が登場しなければ、今でもMacBook Airを使っているかもしれない。
.....「動画の編集がまともにできない」ではなく、「ゲームでまともに戦えない」でもなく、「漢字変換に時間がかかりすぎる」というのが、Macを買い替える理由になったのは初めてかもしれない。
今でも変換が遅かった理由はわからなくて、ネットで調べてみても「ライブ変換のオフの仕方」とか、なんとかっていう「ファイルを削除する」てのが解決方法で、もひとつ釈然としない。
リアルタイムに漢字に変換し続けるのって、動画の編集とかゲームと同じくらい能力を求められるものなんだろうか。
今はOS X 10.11.6なので、ライブ変換もまともになっているかもしれないのだが、手元にはMacBook Airはないので確認できないのが残念だ。

快適な日本語入力を実現して、今度は数字の入力を快適にしようとテンキーパッドを使うようになると、今度は別の問題が出てきた。
数字を交えて入力するとテキストのはじめの位置に途中で入力をした最初の数字が入力されてしまうのだ。
使ったテンキーパッドは、BELKIN YourType Bluetooth Wireless Keypadと云う製品で、デザインがApple Wireless Keyboardに似ていて、並べて置いていても違和感はない。
電源のON / OFFを繰り返すという問題もこの個体に関しては発生しておらず、買って正解な製品で満足していたのだが..........。
その問題をもう少し詳しく説明すると、テキストで「コロンブスは1492年にアメリカ大陸を発見した」(ころんぶすは1492ねんにあめりかたいりくをはっけんした)とタイプすると、「1ころんぶすは492ねんにあめりかたいりくをはっけんした」と表示され、そのまま変換する。
1492の最初の数字「1」が入力を始めた位置(ころんぶす)の前に入力されてしまうのだ。
「サードパーティの製品だしこんなこともあるかも」と思っていたのだが、しばらくして使いはじめたApple Keyboard(ポリカの白いKeyboard:Apple初のBluetooth Keyboardね)でも同じ症状が出ることに気がついた。
必ずそうなるわけではなくて、タイプした位置に数字がきちんと入力されることもあるのだが、テンキーからの入力に限って症状が出るということしかわからなくて、ググっても同じ症状の人は見つからない。
ときたま使っていたApple純正のアルミのテンキーのついたUSBキーボードだと経験した記憶はないので、もしかするとBlurtoothのテンキーボードに限った問題かもしれない(今は手元にそのキーボードがないので確認できない)。
----------------------------
と、ここまで書いて、長いひと休みしている間にSierra(macOS 10.12)が発表されて、上記の問題は解決したみたいです。

アップデートしてからは、そんな症状は出ていなかったので、すっかり忘れていました。
気になってるトラブルも地味目なものだと、アップデートでこっそり治ってても気がつかなかったりするのかも。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

そうか、そのためのApple Watch series1なのか [Apple +]

前回の記事に、Apple Watch series2への移行は今の所考えていませんと書いた。
その理由はFeliCaも5気圧防水もGPS もそんなにメリットないからで、あわてものの僕はすっかりseries1のことを忘れていて、今頃になってそんな人のためのApple Watchがseries1だったんだと気がつきました。
そのことに早く気がつけば、初代のApple Watchは買わずにseries1を買ってたのになぁ。
でも、ステンレススチールのケースは気に入ってるから良いの。
でもさぁ、もうちょっと高くても良いから、series1にもステンレススチールを用意すれば良いのにね。

でね、(出たばっかしのガジェットってこともあって)Apple Watchのことを考えるのはけっこう楽しくて、今後どんな展開をしてくんだろうかと考えたりするわけです。
そのひとつが、「Apple Watchの空白の時間」て記事でした。
楽しんでもらえましたか?
他には、ほかの種類のApple Watchも出てくるんじゃないかなと思います。
今は、seriesが1と2しかないんですが、この「series」は、用途によってつけられているような気がします。
(初代だから1で、その次だから2って名付けたわけではないと思います)
series1はベーシックなタイプで、series2はアクティビティ重視、そして、やがてはseries3として、ヘルスケア重視のものが出るんじゃないかなと思います。
(そのうち出てくるに決まってる)フルタイムで稼働するためのバッテリーシステムは時計がわりにしか使わない人にとっては無駄な装備でしかないし、いつもiPhoneと一緒に使っている人にとっては、GPSの装備もやはり無駄な装備です(そもそも、iPhoneを持たずにApple Watchだけを持つという状況もごく限られたシーンです)。
そう考えると、使うシーンに特化したseriesをリリースするのも納得です。
series化することでユーザーは、無駄な装備を排した自分にとって最適なApple Watchを手にすることができます。
そうすると、series(つまり、使う目的)によってケースのデザインも変わってくるものと思われます。
series1はもっと薄く小さく軽くなるでしょうし、アクティビティ重視のシリーズ2はもしかするとSIMが使えるようになり初めての土地でもランニングコースを表示、ナビするようになるかもしれません(地元ランナーお勧めのコースなんてのもありかも)。
そして、ヘルスケア重視のseries3だと、フルタイム稼働させるためのバッテリーシステムや、防水、各種生体データの収集ができるようになるかもしれません。
SIMを内蔵すれば体調に異変が起きた時にしかるべき連絡をApple Watchが行うかもしれません。
生活のアドバイスをするようになるかもしれません。

なんだか考えると、いろんな可能性が見えてきて楽しいです。


nice!(0)  コメント(0) 

フェッチ化するiPhone [Apple +]

今使っているApple Watchは初代なので、いずれはseries2に移行するかもしれません.

今のところは、すぐに移行する理由がないので、もし移行するとしたら (Apple Watchを買った時みたいに)衝動的に買っちゃうかもしれません。
移行しない理由は、(こんな人は珍しいのかもしれませんが)FeliCaって使ったことないんです。
それから、手を洗ったり、お風呂に入る時は(要するに水にさわる時です)腕時計を外す習慣があるので、5気圧の防水性能は羨ましくはあるけれど、冷静に考えると不要です。
処理速度が速くなったというのは、一番いいなと思うんだけど、時間の表示も速くなったんでしょうか?
GPSも良いなぁとは思うけど、いつもiPhoneを持ち歩いている僕の場合にはGPSは出番はなさそうです。
これはおもしろいことなんだけど、以前ならiPhoneを机の上に置いて席を離れるような場合でも、iPhoneなしでは通知を受け取れないApple Watchのために、つねにiPhoneを携帯するようになりました(赤いiPhoneのアイコンなんて見たくないんです)。

そうそう、初代のオーナーには、あまり評価の良くなかったApple Watchですが、自分の場合にはOS3が初めてのApple Watchだったせいか、そんなに悪くは感じませんでした。
OSが良くなってるんでしょうね。
そんなところもseries2へすぐに移行しない理由のひとつです。

そんなわけで、iPhoneと接続さえしてれば、ほとんどのことはApple Watchで間に合うので、最近はiPhoneはバッグやポケットの中に入れっぱなしです。
なんていうのかな、僕とiPhoneの関係がプッシュからフェッチに変わった感じですね。
そう、以前はメールきてんじゃないかなとそのたびにiPhoneを見てたのはなんだかプッシュぽくて、今はApple Watchがちゃんと知らせてくれる。
これは、フェッチぽいと思いませんか?
もうすぐ、AirPodsが発売されるけど、それを使えば、ますますiPhoneをさわることが少なくなりそうです。
使うことがあるとしたら、それは大きなディスプレイで見たい時くらいなので、これからは5.5"のディスプレイを持った7 + なんかが売れるようになるのかもしれません。
AppleもApple WatchとiPhoneのセット販売とかしたらおもしろいのにね。

nice!(0)  コメント(0) 

Apple Watchの空白の時間 [Apple +]

すでにApple Watch2が発売されたというのに、僕はリンク ブレスレットに釣られて(初代で中古の)Apple Watchを買ってしまった。
新品のリンク ブレスレットを買うよりも安かったので、中古のリンク ブレスレットを買ったら初代のケースが付いてきたつもりでいる。
AppleCare+も付いてたしね(バンドはその対象からは外れているらしいけど)
で、今日は使い始めて3日目。
発売されてから一年以上が過ぎているので、(いまさら)その感想を書いてもつまらないし、何よりも型落ちになったものに何を言っても始まらない。
しかたないので、Apple Watch3の予想でもしてみることにした。
さて、充電はどんなタイミングでするべきなのか?
Apple Watchはバッテリーの持続時間が短いと言われている。
しかし、各種通知を受け取れる普通の時計として使えば24hは持つようなので、寝るときに充電すれば問題はない。
手巻きの時計なら毎日ネジを巻くので、そのことを考えれば、それはたぶん大きな問題ではない。
むしろ、充電を忘れないために(つまり、習慣にするには、毎日充電する必要のある)今のバッテリー持続時間はちょうど良い時間だと思う。
もちろん、長期の外出時には充電ケーブルを用意する必要はあるけれど、そのことに不満はない。
しかし、Apple Watchをライフログをとるための、あるいは完璧なアクティビティを記録するためのガジェットだとすると、今の充電方法では不充分で、充電をしている時間はApple Watchが腕から離れてしまうためにライフログやアクティビティに空白の時間が生まれてしまう。
50M防水、GPSを装備して、どんな天候でもどんな場所でも使えるようになったのに、使えない時間があるのは以前のままだ。
AppleはWatchOS2.0.2で急速充電が可能な隠しポートを使えないようにした。
そのために、Reserve Strap社は発売直前のバッテリー内蔵のバンドの発売を中止することになった。
Appleは今後発表する予定のバッテリー内蔵のバンドの規格が固まる前の発売を嫌ったのだろうか?
ユーザーとの接触が途絶える時間が生じる充電時間の問題は、交換可能なバッテリーがひとつの解決策になるだろう。
やがて発表されるApple Watch3は内蔵バッテリーと交換できるバッテリーのふたつが装備されたケースか、ケースに内蔵されたバッテリーに充電できる交換可能なバッテリーを装備したバンドを発表するだろう。
すでに、バッテリーに関しては充分なノウハウを持っているAppleが、Apple Watch2でそれらを発表しなかったのは、Appleお得意の技術の小出しだろうか?
Apple Watchの空白の時間、どう思いますか?

nice!(0)  コメント(0) 

Apple WatchのせいでSEが困っています [Apple +]

さて、Apple Watchを購入するのは良いけれど、問題はiPhone SEの立場でSEを購入するときにはApple Watchを使うことになるなんて想像もしなかった。
なにしろ、腕時計を腕に巻くのは苦手だし、かといって外すとそのまま置いてきてしまう。
iPhoneを持つようになると、なおさら腕時計からは離れてしまった。
いったい腕時計をする意味なんてどこにあるんだろうと思っていたのだが、つまり、その、先日から手巻きの時計を再びするようになって、(しょっちゅう狂うにしても)時間がすぐにわかるというのは、意外と便利なものだなと思うようになった。
時計のふりをしたApple Watchだけど、ちょと使ってみようかなと思ったのはそんなところも理由のひとつ。

ところで、新しいiPhoneとしてSEを選んだ理由だけど、その時の計画では小さなSEをポケットに入れて(バックバッグの中のiPad miniは、自室専用にして、代わりに)どこかで見つけてきたiPhone6をバッグに入れとくつもりだった。
ところが、Apple Watchを使うことになると、SEをポケットに入れる必要がなくなる。
AirPodsを使うようになるとなおさらで、そうなるとSEのサイズが裏目に出てしまう。
とりあえず、今のところは、iPhone6を購入していないので、しばらくはSEを使ってみるつもり。

Apple Watch、iPhone、iPad、モニタサイズは9種類、iPhoneは外せないとしても、多くの人にとって必要なサイズは揃うはず。
その組み合わせを考えるのもかなり楽しい。
ひとつのシリーズでこれだけのサイズがあるのも、Appleの強みですね。
もうすっかり、Appleの術中にはまっています。

nice!(0)  コメント(0) 

やっぱり、Apple Watch買おうかな [Apple +]

Apple Watchのことを色々と調べていたら、頭の中からは時計のオーバーホールのことはすっかりどこかへ行ってしまい、Apple Watchを買おうかどうしようかなんてことよりも、どのApple Watchにしたらいいんだろうと考えている。
「腕時計ってのは、時計そのものよりも、その時計をしていた時の思い出がその価値を作るみたいだ」なんてことをどの口が言ったんだろうね?

さて、どのタイミングでどのApple Watchを買うかな?
最初はお安くなったseries1 38mm(¥27,800)を考えていたんだけど、処理速度が遅い、GPSがついてない、Felicaを利用できない、防水じゃないので、ここはやはりseries2から選ぶことにした。
あ、Apple Watchには全部で4つのモデルとそれぞれにふたつのサイズがあって、そこをちょとまとめてみると.......
モデル名:ケースの素材(バンドの種類+おまけ)
Apple Watch:アルミニウム(スポーツ、ウーブンナイロン)、ステンレススチール(スポーツ、ステンレススチール、レザー)
Apple Watch Nike+:アルミニウム(スポーツ)
Apple Watch Hermès:ステンレススチール(Hermèsレザーバンド + スポーツ)
Apple Watch Edition:セラミック(スポーツ + 充電ドック)
そして、それぞれに38mmと42mmのサイズがあります。
価格も、¥37,800〜¥153,800までありますが、機能に差はなく、価格の違いはそのままケースとバンドの素材、ケースのサイズの違いです。
最も高価なApple WatchはApple Watch Hermès ダブルバックル・カフレザーストラップ(¥153,800)。
最も安価なのはApple Watch 38mm アルミニウム スポーツバンド(¥37,800)。
Editionが意外にお安くて(¥125,800)、バンドがスポーツバンドってのも意外です。
しかも、充電ドック付きなので、もしかしたらお買い得なのかもしれません。
それにしても、初代のEditionてなんだったんだろう?

で、僕が買うとしたら、機能に違いがないんだったら、多分アルミのモデルでケースサイズはまだわかんない。
見た目はあまりアルミっぽくないスペースグレイにするつもりだけど、最終的には実際に見てから決めようと思います。
バンドは多分、別に買うことになると思います。
というわけで、AppleStoreで確認してみたら、すでにseries2はお届けまでに5週間ほどかかるみたいですね。

でもね、Apple Watchを使うようになるとiPhoneの立場が微妙になるんだよね。

次回はその立場について

こんなのもひとつあるといいです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット