So-net無料ブログ作成
検索選択

万年筆を使いはじめて気がついた / プロギアΣ [文房具]

なんかさ、いつも字を書いてんだよね。

そう、万年筆でね。

そもそも日頃文字を書くような必要はないから、書いてることはどうでもいいような、まぁ落書きなんだけど、とにかく文字を書くことが多くなった。

一時期はこのブログの記事を全て手書きにしてしまおうかとも思ったんだけど、かなりの癖字だし、それに誤字脱字だらけになるだろうから、それはやめた。

でね、そのどうでもいいような落書きをしてる割に手が疲れていないことに気がついて、自分てさ筆圧高めだから、字を書いてるとすぐに疲れちゃうんだよね。

それが、今はもう全然疲れてない。

万年筆で字を書くことがすごく楽ちんだというのは、僕の手がよく知っていて、この1週間で文字を書くためにボールペンを手にしたことはない。

「ボールペンでご記入ください」(しかも、インクは黒と指定がある)と断りがない限りはいつも万年筆を使っていて、「ボールペンで.....」なんて制約は銀行の筆記台で見たくらいなので、つまりこれからもボールペンを使うことはあまりないような気がする。

 

そんなわけで、いつのまにか万年筆も本数が増えて、先週はセーラー(初)のプロフェッショナルギアΣMニブ(なんて長い名前なんだろう。以下プロギアΣとかΣと略す)を買った。

昨年、LAMY Al-Starを使い始めた頃はセーラーに対しては、あまりぱっとしないメーカーで欲しいペンはないよなぁと思っていて、パイロットのCUSTOM HERITAGE92を狙っていた時期でもあったので、まずセーラーの万年筆を選ぶことは(多分一生)ないと思っていた。

その後、Sheaffer TARGAを使ったり、kakunococoonで遊んだりしているうちに「万年筆を使うならやはり金ペン」と決意するようになって、2本目の金ペンを探すにあたり街の文房具屋さん(この言葉が好きなので万年筆屋さんとか言わない)でいくつかの金ペンを試し書きするうちに、いつのまにかプラチナを蹴落としてパイロットの端っこに置いてセーラーが浮上してきた。

まだその頃はニブはEFとかFなんかのほっそいペン先が欲しかった頃で、MBのヌメヌメ(だっけ?)した万年筆ならではの筆感をよく知らなかった。

で、物は試しにと手にしたのがセーラーのプロギアのMだった。

いや、その書き味は意味もなく文字を書き続けていたくなるほどの気持ち良さで、つまりその時に僕の右手はボールペン系万年筆派から正式な万年筆派に移行したのだと思う。

これは僕の勝手な想像なんだけど、おそらく必要(例えば細かい文字を書く必要があるとか)にかられてでない限りEFFを使うのはボールペン派の流れで、万年筆の楽しさはそのサイズのペン先に求められるものではないと思う。

プラチナのEFUEFの鈴が聞こえてきてスキップしたくなるような筆感も確かにあるけれど、やはり万年筆の醍醐味はMBニブあるんじゃないかと思うのだ。

 

で、さっそく(えらい長い前置きで「早速」もないもんだけど)Σのことなんだけど、実はこのペンもネットで買った。

もちろん、街の文房具屋さんでセーラーのペンを試し書きしたんだけど、あいにくとΣスリムは置いてなくて、試してみたのは普通のΣ

ニブがでかくてやだなぁと思っていたのでスリムにしたんだけど、あのサイズでバイカラーってのもあまりピンとこなくて、バイカラーすごいってのは大型(21)のニブだったから感じたことで、中型(14)で見ると、なんだかちまちましている(きれいだけど)。

試し書きをした時に比較できてたら、ただのΣにしていたかもしれないな。

ニブのサイズはMで、書き味はスルスルしていて気持ちが良い。

インクはirosizuku/深海を最初は使っていたんだけど、他のペンの色がSailor Jentle Ink BlueBlackiroshizuku/松露で明度の低いものばかりになってしまったので、今はiroshizuku/天色を使っている。

この色はΣのイメージとは違うけれど、HERITAGE92は洗浄に時間がかかりそうなので、Σでは色を変えて楽しみたいと思う。

irosizuku/深海は好きな色で是非とも使いたいんだけど、入れるペンと使う機会がないのでいつまでも心の中で使いたい使いたいとくすぶり続けるであろう。

使って1週間の感想は、もしかしたらΣでなくてただのプロギアでもよかったかもしれないと思った。

バイカラーもカッコ良いんだけど、ニブが小さいのでなんだかちまちましているし、長さもちょと長いし、クリップも錨はついてなくてよかったかなぁと思う。

全体的にデザインがうるさい感じ。

ま、しかし、これも実際に使ったからこそ思うことなので、Σを選ばずにプロギアを選んでいたら、やぱΣにしとけばよかったと思うはずなので、これは仕方ないですね。

 

この次に狙っているのは、PILOT Elite95S EF

日頃持ち歩いている3本差しのNAGASAWA ペンケースに差しているのは、HERITAGE92Σcocoon(改)EFなので、cocoonの代わりにElite95Sを使おうと思っているところ。

そうするとHERITAGE92だけが頭ひとつ長いので留守番させて、NAGASAWA SS 2本差しのペンケース(発売されてるよねぇ)にして身軽に出かけるのもいいかもなぁと思い始めているところ。

 

万年筆のサイズは次のとおり

HERITAGE92 137 / 14.7

ProGearΣ      130 / 17

cocoon          138 / 13.2

Elite 95S       119 / 12.9


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0