So-net無料ブログ作成
検索選択

Apple Watchが目覚めない [Apple +]

連休に入ったせいかApple Watch 1st Genが起きてこない。

なるほど、ほぼ毎日動かしているせいか、Apple Watchも人並みに休みが欲しいのか全然起動しない。

5/3かな、バッテリーがなくなるまで使ってたのは。

バッテリーが空っぽになるまで使うことって多分数ヶ月に一度くらいなので、モニタをノックしても時間を教えてくれないので、勝手にシアターモードに移行したのかと思っていたけど、数時間前にバッテリーの残量が10%をきっていたので、バッテリーがなくなったのだと想像。

で、いつも通りにバッテリーの充電をしといた。

本体も暖かくなっていたので、充電はできていたはず。

朝起きて電源を入れようとするけど、さっぱり起きる気配がない。

先日のTime Capsuleの件とか、昨日のSpotlightでAppの起動ができなかった件(僕はAlfredみたいにアプリの起動は⌘spaceでSpotlightを起動して、アプリ名をタイプして起動する)だとかもあったので、今はそんな時期なのかと再起動をしてみた。

再起動はディジタルクラウンと、サイドボタンの同時押しね。

普通は10秒くらいで再起動が始まるんだけど、連休のせいか再起動をしない。

やれやれ。

何度か試してみるけれど、全然起動する気配がない。

で、Appleのサポートとチャットしてみた。

サポートの方法は電話によるサポートとチャットによるサポートがあって、僕がサポートを受けるときにはマイペースでやり取りできるチャットでのサポートを利用する。

普通にタイピングができる人は、チャットでのサポートの方がラクチンだと思うよ。

あ、そうそう、このApple Watchは初代のものをオークションで購入したんだけど、S/Nを調べてみるとAppleCareの対象になってることがわかったので、補償が受けられるかサポートを受けてみた。

もちろん、誰の名前でAppleCareの登録をしていたのか、正式な購入日もはっきりしなかったけど、そのあたりはなんの問題もなくAppleCareの対象品として処理が進んでいった。

対応については別のApple Watchを発送するので、手元のApple Watchをそのまま送り返して欲しいとのことだった。

おそらく電話の時でもそうだろうけど、あらかじめトラブルの状態とそれに対して行ったことを説明すると処理がスムーズに進むみたいです。

今回だと、「バッテリーがなくなったので充電後にボタンを押したが起動しなかった。強制再起動をしたがやはり起動しなかった。なお、充電時には本体が暖かかったので、充電はできていると思う」と説明した。

チャットでサポートを受けるときには、ネットで「保証状況の確認」のページで補償の内容を確認して、「修理のお申し込み」のリンクから進んでいくとチャットがつながった時点でS/Nがアップルにはすでに届いているので、処理がスムーズに進みます。

ただしチャットの人は複数のサポートを受け持っているようなので、レスが少し遅れたりしますが、丁寧に対応してくれます。

今回はトラブルの状況の説明からApple Watchの発送手続きまでで、かかった時間は1時間ほど。

意外と時間はかかりましたが、対応が良かったのでイライラすることもありませんでした。

これまでに結構サポートをなんどか受けたけど、不愉快になることはほとんどなかったな。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0