So-net無料ブログ作成

アメリカの有権者は健全なのかもしれない [..........]

今回のアメリカ大統領選は、各界の代表的な団体や個人が反トランプを掲げていたにも関わらず、彼は当選してしまう。
絶対にありえないようなことが起きてしまったのだが、いったいどうして彼は当選することができたのだろうか?
選挙期間中は呆れるくらいの言いたい放題で、彼に対する批判が個人的な資質に対して行われたのに対し、クリントンへの批判は政治家としての資質に対して行われた。
大統領を選ぶ際にどちらの資質を重視するかと考えると、政治的な資質の欠如が致命的なことに対し、人間的な資質の欠如はそのまま政治家としての資質の欠如ではない。
つまり、政治家としての資質に欠けるクリントンよりも(人間的な資質には欠ける)トランプ氏の政治家としての未知数の資質に賭けたという感じだろうか?
キャリアについて言えば、彼は政治家としてのキャリアもなければ軍人としてのキャリアもない。
そんな人間がある日、アメリカの大統領になる。
それを「one night success」とか「American Dream」というのは、まちがった表現だろうか?

もう一度書くが、各界の代表的な団体や個人が反トランプを掲げていたにも関わらず彼は当選してしまう。
それはつまり、各界の代表的な意見や言葉に従うのではなく、有権者一人ひとりが自分の考えに基づいて彼を選んだということであり、きわめて民主主義的な事件だったのかもしれない。
トランプ氏の大統領としての資質には不安も感じることも多いが、彼を選んだアメリカの有権者の政治への関心、自国を思うための判断基準を決して他には任せないという自立した判断は健全だと思う。
(だからこそ、自分の安全を他人任せにしない彼らに銃規制はむずかしいのだが。だから、たとえば銃規制にもっとも反対するのが黒人だとしても驚かないけどね)

ナチス政権はワイマール憲法下で生まれたが、健全な民主主義の下で生まれるのはどんな政治だろうか?

ところで、彼を見てるとエリツィン大統領を思い出すんだけど、そんな人はいませんか?

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0