So-net無料ブログ作成

Apple Wireless Keyboard、続投 [Apple +]

ところで、先日大騒ぎをしていた新しいキーボードなんですが、あいかわらずApple Wireless Keyboardを使ってます。
そう、アルミの最初のキーボードですね。
時たま、白ポリカのApple Keyboardをキーが重いなぁとか感触がはっきりしてなくて気持ち悪いなぁとか思いながら使ってます。
以前使ってた時はもう少し気持ちよくタイプできてたような気がするんだけど、気のせいなのか、思い出は美しいからなのか。
今では、どちらかというとアルミの方がタイプしやすいです。
でもね、がんばって探してきたキーボードだから、使いたいんですよね。
うちに来た時に、キートップをすべて外して、クリーニングして、グリースアップまでしたもんね。
でも、指先は正直で上手くタイプできないですね。
キーのストロークが深いのと、押下した時にぐらつきがあって引っかかるような重さがあります。
結果として、ちゃんとタイプできていなかったりします。
その点、アルミの方はキーのストロークが浅いので、タイプしたはずなのにタイプできていないということはありません。
それで、欲しくてたまらなかったRealforceは今でももちろん欲しいんだけど、もう少しタイプ量が増えた時に購入することにしました。
今の自分のタイプ量だと、上手く使えないような気がします。
モバイル時にiPad / iPhoneで使うのはApple Wireless Keyboardだというのも、感覚が違って気になります。
というわけで、当分はこのApple Wireless Keyboardですね。

新しいKeyboardよりも古いKeyboardの方が快適だというのは、Keyboardはすでに完成されたデバイスなので、古いとか新しいというのは快適さの基準にならず、どれだけコストがかかったかによるのだと思います。
Appleも昔はメカニカルキーボードを作ってたんですよね、アルプス軸の。
持ってたのに、新しいKeyboardにつられて、手放したのが残念です。
もっともADB(Apple Desktop Bus)だったので、USBへの変換がめんどくさそうだけど。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0