So-net無料ブログ作成

生きる:TV編 [..........]

.......昨日は見るのをよそうと思ってたんだけど、結局は見てしまった。
黒澤の「生きる」は見たことがないんだけど、きっとおもしろいんだろうなと思う。
TV編で少しだけ言わせてもらうと、やはり松本幸四郎は上品すぎる。
どちらかと言うと、仕事ばりばりって感じで「ミイラ」っぽくないな。
それから、「ゴンドラの唄」をそのまま使うってのも時代背景的に無理がある。
ユースケ・サンタマリアにもピント合わせ過ぎ。
というか、役の重要度とピントがずれ過ぎ。
あれだけピントを合わせるんだったら、もう少し出番があっても良さそうな気がする。
で、黒澤の「生きる」が気になったので、YouTubeでちょっとだけ見てみた。
見たのは、最初に志村喬がピアノの伴奏で「ゴンドラの唄」を歌うシーンだったんだけど、もうそれだけで自分はかなりココロに迫ってくるものがあった。
揺れる玉すだれ(って言うんだっけ?)なんかでさえも、すばらしいと思ってしまうのだった。
DVD買ってこよっと。
でね、今回の黒澤TV編とYouTubeを見比べて思ったんだけど、やぱ、黒澤はすごいんだなぁってこと。
黒澤の映画はあんまり見たことがないんだけど、こちらが圧倒されるくらいのぶっとさと繊細さがある。
それは例えば、志村喬の涙から感じる彼のこれまでの人生を顧みる彼自身と、揺れる玉すだれの組み合わせ。
それから、TV編にする際の制約。
これは無惨と言うか、しかたないんだけど、間に挟まるCMが作品をぼろぼろにしている。
視聴者の見るリズムを壊さないように、編集されているんだと思うけど、それに併せたような細かなカット。
刹那的な作りだと思った。
うん、黒澤作品を改めて見る気にさせたので、今回のTV編は(反面教師的に)見て良かったと思うことにしよう。

.....「生きる」と「ゴンドラの唄」の組み合わせ、黒澤ってセンチメンタルだなぁ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。