So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

蒼墨を買った。カートリッジでね [文房具]

セーラーの新しい色、蒼墨を買った。
蒼墨は濃淡が綺麗に出るので、ペンポイントがMのProGear Σで使うことにして、使っていた青墨はEFのProFitで使うことにした。
一晩かけて万年筆をきれいにして、早速Σに蒼墨のカートリッジを挿した。
そう、今回からカートリッジが使えるときはカートリッジを使うことにしたのだ。
理由は、前回の記事を参照してください。

さっそく野帳に書いてみる。
SouBoku.jpg
気がつくと、セーラーの青系のインクばかりを使っていて、久々にみるJentleInkのBlueBlackもなかなか良い色だと思う。
仕事先では、フォーマットが印刷されたコピー用紙に書き込むことが多いので、にじみにくい顔料系のインクばかりを使っていてJentleInkはあまり出番がないのが残念。
インクの違いを較べるつもりで書いたんだけど、書き味と線の太さを考えると、Fは日常的に使うと良さそうで、Mはごくプライベート、EFは仕事で使うと良さそう。
そう考えると、蒼墨はEFに入れるべきだったかもと思うけど、まぁいーや、しばらくはこのままにしておこう。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

カートリッジ / ボトル:万年筆 [文房具]

万年筆にコンバーターをセットすれば、好きな色が使えるから、インクを買うならボトルだよね。
お得だし。
そう思って、昨日のブログの記事にした蒼墨をボトルで買うつもりだったんだけど、ボトルに半分くらい残っている青墨を見ると、果たしてボトルでインクを買うのはお得なのか考えてみたくなった。
そもそも、日頃万年筆を使う(というか、手で筆記する)ことがそれほど多くないし、万年筆を二本持ち歩いているので、インクがあんまり減らない。
一般的にインクは製造から一年くらいの間が使用期限らしく、今の調子だと青墨を使い切るのはあと一年くらいはかかりそうで、結局ボトルを空っぽにするまでに2年くらいかかっちゃうんじゃないかと思う。
それだったら、古いインクを使うよりもカートリッジを使った方がインクもフレッシュなら気分もフレッシュ。
ちなみにカートリッジの容量は0.84ccに対し、コンバーターは0.61cc。
カートリッジは一箱に12本入っているので、毎月カートリッジを交換しても1年は使える。
インクの使用量は、人それぞれなのでカートリッジじゃひと月は持たないなぁと思う人もいるだろうから、参考までに。
ちなみにカートリッジの総容量は10.08cc(0.84cc×12本)で、ボトルは50cc。
自分の場合だと、1年でボトルの半分くらいを使ったから、カートリッジだと半年持たないくらいかな。
コストパフォーマンスを較べてみると、カートリッジは1ccあたり¥64.3で、ボトルだと¥43.2。
インクをお手軽に交換して使うか、コンバーターを使ってインクの補充の楽しさを取るかで比較してもいいかもです。
自分は、使ってる万年筆がセーラーなので、この次はカートリッジを買おうかなと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

こんどは蒼墨かぁ [文房具]

インク沼ってのがあるけれど、ちょっとでも万年筆に興味を持つと、程度の差こそあれ多少はインク沼につま先だけでも沈めることになるのはまちがいない。
そもそもこのディジタルな世界で取り扱いのめんどくさい趣味性の高い万年筆をわざわざ使うくらいなのだから、万年筆を使ってインクに興味ないなんてのはたぶんあり得ない。
「インクなんてどれでも同じでしょ?」なんて思う人はいないはずで、「最初に入れるインクは黒なのか青なのか?」とか、「ほーブルーブラックってのはメーカーによってこんなにも色味が違うのか」とか、そんなところから始まって、そのうちにニブによって書き味も線も全然違うことに気がつき、このお気に入りのインクをこちらのニブで使うと...なんてことを思い始めた時には、たぶん足首くらいまでは沼の中。
いや、膝くらいまでは浸かってるかもしれない。
それで、やっとこさお気に入りのニブとインクが決まってやれやれなんて思っていると、新しいインクが発売されていたりする。

ある日、「蒼墨」という名前のインクがネットに表示されている。
え?顔料系なの?青墨のお友達なの?いいねいいね、この濃淡。
う〜ん、どんな時に使うといいんだろうか?
てなことを考えている時にはすでに買う気になっていて、あとはいつどのタイミングで買おうかと考えていたりする。
これが染料系だったら、「ふぅ〜ん悪かないねぇ」程度で治るんだけど、Sailor JentleInk BlueBlack以外は染料系のインクを使わないと決めているので、新しい顔料系のインクを見つけると興味が出てくる。
それが、自分の好みな色だったりするともういけなくて、どのペンで使うかなぁと頭の中でシミュレーションを始めて、「あぁ、ダメだペンが足りない」なんてことになる。
しかも、「万年筆の楽しさってEFじゃわかんないかも」なんてことを考えている時だと、新調しようかなぁと考えていたりして、「でもMはもう持ってるしなぁ、Bもいいんだけど日常的に使うにはやぱ太すぎるしなぁ、MF?」「この次はベスト型かなぁ」なんて考えていたりする。
しかし、セーラーのインクばかりを使っているのは何故なんだ?


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨
前の3件 | -