So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

ナガサワ文具センターのキップレザーの3本差しペンケースを買った [文房具]

最初はさ、itoyaのロメオシリーズにするつもりだったんだけど、持ち歩きたい万年筆の本数と価格を天秤にかけると、ナガサワさんのケースに落ち着いた。

ネットで見てると、しなやかそうな革で手に馴染む感じだし(実際そのとおりなんだけど)、シルエットもなかなか気に入っていて惹かれるものがあったんだけど、やたらと目にする。

黒くて3連のペンシースと思うもののほとんどはこのナガサワさんのペンケースだと思ってまちがいないほど。

他のカラーもあるし、2本とか5本差しもあるんだけど、なぜだか黒くて3本差しのものばかりを目にする。

自分としては人とかぶるものはあまり持ちたくない、かと言ってそれで良いものを使わないと言うのももったいない話なので、(それに自分の周りに万年筆を使っている人がほとんどいないので、かぶることもないだろうと)こないだ買った。

実際に使ってみると、見たとおりで使い始めて数日ですっかり馴染んでいる。

いつものバッグにもしっかり収まるし、なんにも言うことはない。

ただし問題がひとつあって、万年筆は日々増えていくのに3本しか持ち歩けない。

いや、今のところは、5本くらいしかないので、それほど困らないのだが、今後欲しい万年筆が3本くらいあって、その時にはどうしたらいいんだろうと今から心配している。

ちょっとでも油断すると、すぐに万年筆をポチりそうなので、この場合心配するのは早い方がいいと思うし.....

 

ついでに書くと、悩んでいることがもうひとつあって、さて、どの万年筆にどのインクを選ぶか。

なにしろニブの太さで色も微妙に変わってしまう。

しかも、持ち歩きには万年筆は3本だけと決めているので、ニブの太さとインクの色の組み合わせは結構切実なのだ。

例えば、仕事で使えるインクも限られるし、でもそればかりではつまんない。

 

そうそう、話が少しずれるけど、銀行の伝票には黒のボールペンしか使えないんだねぇ。

こないだ、万年筆で書こうとしたら、小さな字で書いてある注意書きに気がついた。

 

持ち歩く3本の万年筆は、EF/UEFFMと決めていて、EF/UEFは以前ショップで試し書きした時にペン先から鈴の音が聞こえたプラチナにしたいけど、軸が嫌いなんだよね。

ロジウムのブラックダイヤモンドはお気に入りなんだけど、なんだか太くて軽すぎる。

プラチナ以外だったら、Pilotのキャプレスも楽しいかもなぁとか、エリート95sもニブが綺麗で使いたいなぁとか、このサイズのニブは悩みどころが多い。

今はcocoonにペン習字ペンのEFニブをつけて使っていて、カリカリが楽しい(インクはshin-kai)。

Fは初めて買った金ペンのPilot Custom Heritage92(インクはSailor Jentle Ink BlueBlack)を今のまま使うか、14kSheaffer Targaにするつもり。

Targaはインクドバドバが気持ちいいんだけど、このFが一番使うことが多いのにインクドバドバはなんとなくトラブルが発生しそうなので、ちょと悩んでいるところ。

MにはSailor プロギアΣ スリムと決めている。

今は、Fのくせに全然Fじゃない鉄ニブのSheaffer Targaasa-gaoを入れてMのつもりで使っている。

 

でね、ふと思ったんだけど、どうして万年筆って3なんなんだろうね?

このナガサワのペンケースも3本だし、色彩雫のミニボトルも3

 

それにしても、万年筆ってこんなに楽しいものなんだね。

うん、Macの買い替えの時に悩むのに似ている。

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

blogの下書き [..........]

 


いつでもどこでも記事を書いて、書いた記事はどの端末でも読めて編集できるのがいいなぁ。


そんなことを思いながら、ブログの下書きをするのに最初に選んだのはEvernoteだったんだけど、いつのまにかEvernoteフリー版は単体アプリで使える端末がふたつに限定されるようになってしまって、自分の場合は簡単なメモしか残さないので有料版にするほどのこともなくて、結局はEvernoteは使わなくなった。


Evernoteはレイアウトがごちゃごちゃしていて、あまり好きじゃなかったから、踏ん切りもついてよかったんだけど、困ったのは代わりのAppが見つからないことで、これはいいかもとiA Writterやら、Textwellなんかをインストールしてみたけれど、そこまで高機能なものはいらなくて、結局はmacOSについてきたメモにパシャパシャタイプしてる。


そういや、昔はテキストエディタにタイプしてたんだよなと、ふと思い出したりする。


使いたいアプリは持ってるデバイスのすべてでちゃんとSyncしていて、重くなくて、OSのアップデートの時にアップアップしなくてもいいようなものが好きで、簡単に言うと、高機能よりも簡単に取り扱えるものがいい。


 


要するに高機能なペンじゃなくて、そこにあるちびた鉛筆でも面白いものはかけるということ


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

Mac miniを買い替えた [Apple +]

先日まではLate 2012 Mac miniを使っていた。
QC i7 2.3GHz / 16GBメモリ / 750GB Fusion Driveという構成で、今後も十分使えるスペックだった。
新しく買ったMac miniは、現行のMac mini。
DC i5 2.8GHz / 8GBメモリ / 1.12GB Fusion Driveという構成で、率直に言えばダウングレードしたことになる。
買い替えた理由は、先日Mac関連の記事でMid2011のMacBook Pro “17のサポートが今月中に終わると目にしたからだ。
Appleでは製造中止から5年が過ぎた製品をビンテージと呼び、一部の例外(トルコとカリフォルニア州でサポートを受けられる場合)を除きハードウェアのサポートは終了する。
7年が過ぎるとオブソリートと呼び、例外なくハードウェアのサポートは終了する。
ハードウェアのサポートが終わるというのは、簡単にいうとAppleではその製品の修理は行わないということだ。
今年は2017年なので2012年の10月に製造を終えたMid2011のMac miniは10月にサポートは切れる。
ちなみにLate2012 Mac miniのサポートが切れるのは、2019年10月。
QC i7のMac miniのサポートが切れるまでにはまだ2年ほどの猶予があるけれど、すでに充分使っていて故障も出やすくなっているはずなので、サポートの期間の残っている間に処分することにした。
※実はMacBook Pro “17にも興味があって、そのうちに手に入れようと思っていたんだけど、サポートが切れたと聞いてあっさり諦めた。
さて、かなりのスペックダウンになった現行のMac miniだけど、実際に使ってみると、意外なほどストレスがない。
おそらく、それほど重い処理をさせていないことと、ロジックボードやPCI SSDの効果が高いせいだろうと思う。
単純にQC i7 2.3GHzのベンチマークと比べると、おおよそ2/3くらいのスコアしかないんだけど、体感速度は変わらず、それどころか出力系の処理が早くなっているような気さえする。
それに以前に較べればMacを操作する時間も少なくなっていて、仮に遅くなっていても大きな影響はないだろうと思う。
(1日は24時間しかないので、iPadやiPhoneを操作する時間の分だけ、Macをさわる時間は少なくなった)
それから、あまり熱を持たなくなったのもうれしい。
QC i7の処理能力はそりゃすばらしいものだけど、発熱だってそのぶんすごい。
こうして、MacMiniを使っていてもファンの回転は1798rpmしかなくとても静か、USBスピーカーから聞こえるホワイトノイズの方が音が大きい。
ちなみに今起動しているAppは、Safari(3×ウインドウ、8×タブ)、Chrome(1×ウインドウ、1×タブ)、Mail、iA Writterの4つのAppで、Macの状況は次のとおり。
メモリも8GBだけど、余裕がある。
ちなみにこのモデルは、松竹梅で言えば松にあたり、もしこのモデルで操作時にどこか遅延が生じれば、アップルはすぐにスペックアップするなり、モデルチェンジ(あるいはディスコン)するだろう。
体感的な処理速度は変わらず、静かなので、一生懸命さが感じられなくてなんだか余裕で処理しているような感じもして、使っていて気持ちいい。
横にハードウェアがあることを意識させないというのも、ひとつのデザインなんだろう。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
前の3件 | -